2011年04月29日

my daughter began to walk again

 娘がアルバイトをすると言い出して、面接に出かけて行った。大学受験はしたけれど、どこも不合格で、今年度は家におくことにした。今後どのように進んでいくかは、娘の選択に任せようと思う。(と、言いながらも、あれこれ口をだしてしまいそうだ。)娘から何をしていいかわからないと言われて、親の希望を押し付けすぎたかもしれない。娘は、受験生として生活していたときは、誰ともほとんど口をきこうとしなかった。最近は、娘から話しかけられる回数が増えてきた。正直言って、うれしい! 娘のためと言いながら、私は自分価値観を言っていたにすぎないのだろう。娘は、一年後の出発にどの方向を向いているのだろう。







ニックネーム happycats at 01:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする