2011年10月24日

I was down. but, 少しづつ元気になってきてます。

 「年は取りたくないなぁ。」と、しみじみ思います。
 若いころは、今だって気持ちの上では30代くらいのつもりですが....少々無理をしても、風邪を引いたとしても、一晩眠れば、たいてい元気になれました。徹夜をしても、平気だったなぁ。
 ところが、どういうものなのか、このごろは気力も体力も低下の一方で、ついに病院のお世話になってきました。入院とかいうことではなくて、先の土曜日に半日がかりで行ってきました。風邪と捻挫と筋を痛めての受診でした。顔(え〜ん)

 私は体調がパッとしないのに、やらなくてはならないことは次々に押し寄せてくるし、猫のななきはおしっこが出にくくなったり、猫の端午は突然呼吸困難のような症状になって、あわてて獣医さんへ連れて行ったりで、何がなんだかよくわからないままに過ごしています。
 ななきは、いつもの調子に戻りました。端午は、レントゲンで調べてもらったり、血液検査をしてもらったり。でも、原因ははっきりしませんでした。ストレスかな、とも思ったのですが、どうなのでしょうか。端午のことが心配なのでちび猫たちは、先週の金曜日から友人に預かってもらっています。午前中にフードを持っていって、様子を見てきました。一ヶ月くらいのちび猫たちは、どこにいても大騒ぎです。大変元気にしていました。今度の木曜日には迎えに行くつもりです。
 
 「とん・ちん・かん(=ちび猫たちのこと)、いつ、戻ってくんの?」次男が言ってました。さびしいのかな、次男は猫好きだから。
 「わたしもね。」メリーもそんなことを言ってます。 




ニックネーム happycats at 16:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

Here came 3 kittens!

111011_093855.jpg
お相撲をしている2匹の子猫 上になっているのが<まりお> 下側にいるのが
<まるも> 
 まるもを見つけたのが9月26日。朝、ごみ出しをしていたら、後ろのほうから子猫の声がして、振り向いたら、目やにべったりで片目が開かない子猫がいた。じゅりが送ってくれたのかと不思議な気持ちで連れ帰った。
 まりおが来たのは9月27日。見つけたのはお隣の家。向かいの家の奥さんと2人で探し出した。この子の顔を見たとき、ゲームのマリオが来たのかとなぜか心の中でニンマリしてしまった。


 111011_093824.jpg
 この子は<まっくまーく> <まるも>と<まりお>は白と黒の子猫。<まっくまーく>は、黒い猫。第一印象は、子猫と言うより小熊だった。
 9月28日の朝、裏の古い犬小屋に母猫といるのを次男が見つけた。27日の夕方
に、今度はグレイちゃんの保護主のTさんともう一匹いるはずの子猫を探していた。母猫はその様子を見ていたから、夜の間に子猫を連れてくるようにと伝えた(母猫にうまく伝わったのかどうかわからない。)
 次男が見たとき、母猫は出て行ってしまったけど、子猫は小屋の奥でおなかをいっぱいにして眠っていた。とても暖かかったから、母猫はずっと抱っこして守っていたのだろう


 母猫も今は我が家にいます。ただし、彼女は家に入ったとたんに育児を拒否しています。一晩だけ同じケージに入れておきましたが、子猫たちを抱っこしようとも、授乳をしようともしませんでした。幸いなことに子猫たちは自分たちでフードを食べ、ミルクを飲めました。
  
 今日ですでに2週間が過ぎました。食べて、飲んで、走って、跳んで、相撲をとって、追いかけっこをして、キャットタワーによじ登って、元気にしています。

 この子たちの母猫は、グレイちゃんが昨年の5月末に産んだ猫たちの一匹です。私の不注意から外に出てしまい、子連れで戻ってきました。これ以上猫が増えることに反対されていますが、今年は特に命を大切にしたいと、大切にしなければならないと感じました。

 いずれ里親さんを探すことになるので、健康に過ごせるように努めなくてはならない。子猫たちの存在は私にとって、『闇の中の光』です。
 

ニックネーム happycats at 16:41| Comment(2) | cats | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何やかにやと忙しかった9月

 9月と10月と三連休が三回もあって忙しかったです。
 9月は猫たちにもいろいろなことがあって、気持ちがパタパタしてしまっていたので、余計に疲れたような気もします。
 今月初めにADSLを光に変更して、プロバイダーも変更して、今日やっとメールの設定をし直しました。何もわからないままにやっているから、時間がかかってしまいました。(次男はメールは使わないからと、やってくれなかった!)

8月は鼻づまりと目のかゆみ(夏の花粉症か?)に悩まされて、それが治まったと思ったら9月末ころからは咳が止まらなくなって、10月になってから我慢できなくなって、ようやく病院へ行きました。(早く行けばいいものを!と自分でも思いました。)

 カレンダーを見て、今年もあと少しだなぁと思いつつ、今年はなんだかめちゃめちゃな年だなぁとも感じつつ、私はいったい何をしてきたのだろうとわが身を振り返っています。
 今日は、あの大震災から7ヶ月めの日です。何も変わっていないと思います。国もトップの人が変わって、少しは、ほんの少しは動き始めたかのようですが、まだまだ何も動いていないと同じです。言いたくないけど、考えたくないけど、『原発事故の影響をまともに受けてしまったFUKUSHIMA-KEN』と『放射能の汚染が広がっていると思われている宮城県・岩手県』への『差別』を感じます。人の心の『闇』の部分が現れていますよね。この問題がなくならないうちは、何も変わらないだろうと思います。長い長い道のりです。
ニックネーム happycats at 15:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする