2013年11月27日

心の中

 世の中をちょこっと覗いて見ようかと、使い方も言葉の意味もわからないままにTwitterとFacebookに登録してみました。やはり犬さん猫さんのことが気になるので、どうしてもそっちのほうへ行ってしまいます。わかったのは、捨てられた動物たちがひどい目に遭っているのは変わっていないということ。たくさんの人たちが動物たちのために動いているということ。怒られるかもしれないけど、私はそういう悲しい事実を見ないようにしています。ごめんなさい。
 今、我が家には犬が一頭、猫が23匹います。猫たちは皆、野良の出身です。避妊が遅くなって子猫ができたり、保護したものの死んでしまったり、そんな経験をしています。以前は里親さん探しもしていたのですが、ある出来事で人間を信じられなくなって、それからは里親さん探しはやっていません。勝手なもので、たくさんの猫たちと一緒なのに捨て猫や飼い主を探している猫たちのことを見聞きすると、あと一匹くらい居てもいいかなぁ、と思ってしまいます。でも、犬は一頭限りです。東日本大震災のとき被災して保護された動物たち(良いことばかりでなく、いやな事も耳に入ってきます。)のことを考えると、引き取ってあげるのがよいのだろうかと悩みます。(現状は保護活動をしている人たちにフードを送ることくらいです。)
 話を戻します。なぜ私は動物たちの状況を知ろうとしないのか、知りたくないのか、わざと知らないふりをしようとしているのか、を考えてみました。怖いのです。何が? 私たちは言葉を聞いたり、言葉を読んだりすることで゛情景を想像できます。
私はその情景を実際に見るのが怖いです。『死』を考えるのがすごく怖いです。それでも、私は見なくてはならないのか。でも、そこに踏み出すことができません。実際に保護活動をしている方たちはなぜ動けるのでしょうか。私はなぜ動けないでいるのだろうか。いろいろな意味で自分がかわいいからかもしれません。誰かのために、何かのために真剣になっていないからかもしれません。 
 
 犬さんや猫さんと暮らすというのは、普通は1,2匹でしょうか。20頭以上いたら、呆れられていますね。(近所では有名らしい。たぶん、悪い話しだろうな、と思います。 )
 私も今は働けているからいいけど、この先を考える時期にもなっています。以前からの知り合いの方(くりたくんのお散歩仲間だったワンコの飼い主さん)の「いつかは区切りをつけなきゃだめだよ。」という言葉がとても参考になっています。ずっと犬や猫と暮らしていた方たちは、本当はずっと犬猫たちと暮らしていたい、また飼ってみたいと思っているけど、自分の年齢を考えるとできないと言われます。それが『区切り』で、私はうまく区切りがつけられるか、不安です。

 動物たちのことを考えているとつらくなってきます。第一原発の周辺では、いのししが増えているそうです。野生化した黒い牛たちが走っている映像も見ました。住む人が居なくなった家には、ねずみが入り込んで、めちゃくちゃな状態だそうです。飼い主さんとはぐれた猫たちが数を増やしているとも聞きました。またまた原発がどうこうという話になってしまうけど、東電は何をどう元に戻してくれるのでしょうか? 
 原発の事故以来、我が家の犬は毎日地上30~50Cmのあたりて呼吸をしながら散歩をしています。

ニックネーム happycats at 01:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月24日

一休み

 おとといまで休みなしで仕事をしていました。仕事と言ってもパートタイマーなのでフルタイムではないのですが、気持ちにゆとりがなくなるし、睡眠不足で体もがたがたで突っ張っていました。昨日、今日と好きなように過ごしていたら、おかげさまで疲れは取れてきたようです。 よかった、よかった。(自己満足です。)
 早いもので今年もあと少しです。家の中を片付けたいと思っても、実際は...掃除をする先から猫たちが散らかす、また、掃除、片付けを繰り返しています。猫たちのパワーはすごい! 我が家の1,2才の若猫たちは毎晩のように運動会を楽しんでいて、
家中を走り回り、ついに通販の箱にかじったり、飛び付いたり、爪とぎをしたりで、破壊してしまいました。どの子も野良の出身なので元気なのがなによりです。少々?
散らかっていてもいいかな。
 年末も29日まで仕事だし、冬休みは5日間なので、暮れも正月もないようです。
 
ニックネーム happycats at 23:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月08日

犬の声は.....騒音?

静かな場所で犬の吠える声が聞こえてきたら、やはりうるさいですよね。

 我が家のめりーさんは、二度ほどお巡りさんの訪問を受けました。夜になると吠えるのはわかっているので、いつも家の中に入れているのですが、夏の間は外にいる時間も長かったせいか、吠え声が響いていたようです。(I'm sorry.)
  Image003.jpg 「うるさくて、すみません。」
 
 今の世の中は、警察も住民からの苦情?相談?にはすぐに対応してくれるようで、「近所の人から電話があった。」ということで訪問したそうです。どんな状況で犬を飼っているのかを調べに来たとか.....。
 時間の感覚は人によって様々です。そのときのお巡りさんに拠ると、夜の9時以降は時間的には遅い時刻だそうで、思わず「私は仕事中で家にいませんよ。」と返していました。(はぁ、そうなんだ。)

 以前、「午前2時頃に苦情の電話がありました。」と私が言ったら、犬を吠えさせるほうが悪いというような言い方をされました。これが世の中の事実ですよね。(めりーは、躾が足りないようです。犬はヒトの簡単な言葉を理解するので、めりーにはしてはいけないことを教えています。犬種によっても違うと言ってくれる人もいます。親ばかですね。)

 二回目の訪問のときは、お巡りさんも苦笑いをしながら話をしていったので、我が家の現状をわかっていただいたのかと、世間話をするくらいお巡りさんと仲良く?できました。

 何でもかんでも騒音だと言う人が増えているのでしょうか。これって今に始まったことではなくて、娘が幼稚園の頃も「運動会の音がうるさい。」とか、吹奏楽をやっていた頃は「楽器の音がうるさい。」と言われて夏でも窓を閉めて練習していたか、
いろいろありました。犬の吠え声はともかく、許されても良い音ってあると思います。

ニックネーム happycats at 14:19| Comment(0) | Dogs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月07日

the youngest cats

george kogure 1.jpg ジョージくん

ちびとら・ゆう 1.jpg ゆうちゃん

この子たちがくろぴーちゃんが今年の4月の末に生んだ子猫たちです。今年の6月の末に保護したときは3匹でしたが、グレイ一色の子は天国へ行ってしまいました。くろぴーちゃんは体が小さかったせいか、子猫たちも小さくて、特にゆうちゃんは骨と皮というような姿でした。ジョージくんは風邪も引かないで元気に育っています。私はゆうちゃんが生き残れるのだろうかと心配していたのですが、風邪を引きながら、薬を飲みながらがんばっています。
 
母親のくろぴーが死んでしまった後、大人猫たちが代わる代わる面倒をみてくれています。ちび猫は大人猫の様子を見て、いろんなことを学んでいくし、大人猫は自分の子でなくても世話をしてくれています。これまでも、同じ姿を何度も見ていて、猫たちはお互いを受け入れ合っているのが分かります。

仲良し.jpg ゆうちゃんとロリィくん(2012.7.1生)
 
仲良しはいいね!


ニックネーム happycats at 00:57| Comment(0) | cats | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月05日

歳月人を待たず

時間は誰にも同じくあるのに、年を取れば取るほど早く過ぎ去っていきます。
いろいろ忙しくて何が何だかわからないままに暮らしていますが、また何か書いてみようかと思えるようになってきました。ああ、指が動かないです.....

昨年、『はなちゃん』が天寿を全うして天国へ行った後、数匹の猫たちとの出会いと別れがありました。保護した猫が天井へ入り込んでしまい、大慌てして、玄関の天井に穴を開けてもらって、ご飯を与え続けていた事、家から出たり入ったりしてい『くろぴーちゃん』が死んでしまった事、ほかの猫たちがその『くろぴーちゃん』が残していった子猫たちの面倒を見ている事、世の中から見れば「それがどうしたの?」という事ばかりですが、私にとっては大切な事ばかりです。カッコつけても、実際は猫、猫、猫、猫、そして犬に追い立てられて毎日を過ごしています。

子供たちが皆成人して、夜の時間にパートに出るようになって、少しずつ若い頃の気持ちが戻ってきたような気持ちです。もちろん年を取って体は思うように動けない感じですが、気分的には自分の時間を持てるようになってきました。「何があっても、なるようになるさ。人は人、私は私。」と思えるようになってきました。

少しでも何か書いていきましょう。

めりーの誕生日.jpg  2013.10.1 めりー5才
ニックネーム happycats at 12:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする