2014年03月27日

Mine is a Mother

On March 25th.,Mine had 4 kittens,they/ are 3 greys and 1 black.
Mine had a operation, because she could not have kittens in the ordinary way. Kittens are smaller than any other kitten, I think. I really wish they will grow up healthy and cheerfully.

The vet asked me that how I treated the lives of the kittens. It meaned that I made the kittens killed or alive. At first, I didn't understand what the vet say. It is very natural for me to make the kittens ALIVE. That time I realized that there are some people who didn't want to have kittens. As you know, there are too many cats at my home. But I could not kill them. I've never thought to take away something's lives. I don't know it is good or bad that I made Mine a mother. I don't know Mine can grow up her kittens. I can take care of Mine, but I can't do
anything for the kittens now.

To owe animals as pets, we have to have duties and responsibilities. Do I have these things for my dog and cats? I probably might act emotionally mostly. But I don't want to put them to sleep, except when we can't do anything at all to save their lives. Who can stop their living rights?





ニックネーム happycats at 12:33| Comment(0) | cats | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月15日

これからのこと・ちょっとした不安

 3月になって、少しずつ暖かくなってきました。穏やかな日差しのには、めりーが日向ぼっこをしています。猫たちは、ん、家の中にいる猫って、冬も春もその行動にあまり変化がないような気がします。私は、朝起きるのが幾分早くなってきました。暖かくなってくると身体を動かすことが苦にならなくなって、片付け物を始めようと思います。
 今日は、猫のジャンプ台になっていたパソコン用のテーブルを処分しました。このテーブルはレンジ台の変わりに使っていたのですか、猫たちが食器棚の上置きへ跳ぶための踏み切り板のような役割をしていたのです。猫たちのすばらしいキック力のためにテーブルのねじが緩み、支えが壊れ、処分ということになりました。レンジはシンプルなテーブルに乗せてあります。
 
 仕事の日は、帰ってくるのが夜の11時過ぎになるので、もう何もしたくありません。猫たちにご飯をやって、おトイレの掃除をして、めりーを家の中に入れてやって、さあ一息なんてやっているうちのに、午前2時、3時という状況です。たぶん、いいえ、絶対世の中の人たちと違った時間帯で生活していると思います。疲れやすいのはやっぱり年齢のせいでしょうか。疲れすぎて思うように動けないと、猫たちをけっぽっていたり、しっぽや手足を踏んづけたりしています。ずっとずっと犬猫といて、初めて大変だと思いました。私は、この子たちを世話し切れるのか、とふと不安になりました。自分のためにも、めりーや猫たちのためにも、私はいつも元気でいなければ、と改めて思いました。これまであまりにもぐらりだらりと過ごしてきてしまったので、日々のことを考えながら、より計画的に暮らして生きたいと思っています、

ニックネーム happycats at 22:20| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月06日

忙しくて、ごめん。

 3月になりましたが、また雪が降ってきました。2月の大雪がやっと消えたと喜んでいたら、ぐっと冷え込んできて、ああ、また雪降りです。

 (2/15の大雪の時は、我が家のカーポートが潰されてしまい、私の車が出せなく  なって仕事を休んだり、雪に足を取られながら犬の散歩に行ったり、何だか疲れて しまいました。でも、今回の大雪の時、除染作業に来てくれている方たちのおかげ で、普段雪かきをしないような細道まできれいになっていました。感謝、感謝で  す。あの雪は水っぽくて、重くて、雪かきをして私は体中が痛くなってしまいまし た。まいった、まいったね。)

 何が忙しいと言われると困るのですが、時間に追われて暮らしています。学習塾でパートをしているので、夕方に出かけて夜帰ってくるという時間帯の生活です。帰ってくると犬と猫たちがわさわさと「ご飯、ご飯。」と寄ってきます。トイレの掃除もあるし、自分もおなかがすいていて、疲れているから座りたいし....いろいろ重なって、ばたばたしてしまいます。その結果は、足元にまとわりつく猫をキックしたり、猫の手や尻尾を踏んづけたり、ということになります。ごめんね、猫たち。ぎゃーと怒るものもあり、知らん振りしてくれるものもあり、申し訳ありません。犬はちょっとでも触ると、わわわわ〜んと大騒ぎです。
 いつまでも若くないんだと、改めて思い知らされます。気持ちは若いのですが、体は動かなくてがっかりしています。ちょっと前までは猫たちが大騒ぎしていても全然気にならなかったのに、このごろはうるさいなぉ、と思ってしまったり、抱っこしてくるのがわずらわしく感じたりしてます。本当に申し訳なくなってしまいます。動物たちの世話をすること、その世話を続けることをいつまでできるかを考えなければならない時期なのかな、とも思います。自分自身を振り返る時期なのでしょうか。
 
 

ニックネーム happycats at 23:48| Comment(0) | cats | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする