2014年05月13日

おかあさん猫たちと子猫たち

 3月25日に美音が帝王切開で子猫を産みました。そのときは美音がうまく子育てをできるのか、子猫たちは無事に育つのか不安でしたが、心配は要らなかったようです。どの子も元気に大きくなっています。4週間目くらいからご飯を食べられるようになり、いつの間にかトイレもできていて、毎日跳んだり、はねたり、走ったりしています。家のものとよその人がわかるようで、初対面の人からは逃げていきます。(飼い主さん探しをお願いした友人が様子を見に来てくれたとき、なんと、シャーシャーと威嚇していました。)

 冬の寒いときに家出をした三毛猫のみけ・みーなが子猫を産んで、子連れで戻ってきました。4月24日でした。いつもは私の顔を見ると逃げていたのに、この日は何か言いたそうな顔をしていました。そして、どこかから子猫の声が。みけ・みーなは物置の箱で子どもを産んでいました。逃げられるかな、と思いながら、箱ごと保護。実は、大きな声を出していたのは、箱の中の子猫たちではなくて、箱からはみ出したのか、隅っこのほうに落っこちていた子猫が必死で鳴いていたのです。この日の明け方か、午前中に子猫たちは生まれたのだと思います。
 犬や猫はヒトの言葉を理解していると思いますか。ヒトの思いは動物たちに伝わると思いますか。みけ・みーなのおなかが大きくなっているのに気がついてからずっと「子どもが生まれたら知らせてね。」と伝えていました。みけ・みーなは私の言葉を聞いていたのでしょうか。昨年の夏に死んでしまったくろぴーも子猫をつれておいでね、と言い続けていたら、子猫たちを連れてきました。その後は良い結果はもたらされませんでしたが、くろぴーは私の言葉を聞いていてくれたのだと思います。

 美音が子猫を産んだ日も、みけ・みーなが帰ってきた日も私は家にいました。偶然かもしれませんが、なにか、不思議なものも感じました。猫たちが困ったとき、助けを求めてきたとき、私は家にいてよかった!
                                続きます。
          

ニックネーム happycats at 01:24| Comment(0) | cats | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元気にならなくちゃ!

 ことしは体調が良くなくて、ぐずぐずと 毎日を過ごしていることが多い。3月も4月も疲れが取れなくて、仕事に出かけているか、家で寝ているか、みたいな生活をしていた。夕方から出かける仕事(学習塾のパート)なので、帰ってくるのが22時とか23時で、世の中の生活とはずれているなぁ、と思ってはいたけど、自分の体調が悪くて、思うように動けなくなると、考え方もマイナス芳香へ向くばかり。どうしても家事が疎かになるし、趣味に時間を取ることもできなくなってしまう。
 4月の末頃、ちょうど連休が始まる頃、熱を出してしまって、連休が終ってからもだるさが続いていました。でも、熱を出して、寝たり起きたりの生活をしていたら、やっといつもの調子が戻ってきました。4月は、仕事の場所とか内容が変わったせいなのか、変に気を使うことが多くて気疲れしてしまった。

 具合が悪くても、毎日やることは同じなので、本当にゆっくり休むということはない。特に家事はやりたくない。猫たちとメリーのことは世話をしてやらなくちゃならないから頑張れるけど、家の男ども(夫と次男)の面倒はみたくないなぁ、と思う。いい年をした人間のお世話までする必要はないでしょう。自分のことは自分でやってもらわないと。できなかったら、できるように頑張ってもらわないと。
 熱があって、どうしても起きられなかったとき、メリーの散歩はお休みにした。そして、私とめりーと猫たちと同じ部屋で寝ていた。何だかとてもとても静かな一時だったなぁ。動物たちは私が具合が悪いときはおとなしくしていてくれる。
 後何年この子たちの面倒をみられるのだろうか、を考えるようになってきた。あと20年? 元気で、健康で過ごしていたい。
ニックネーム happycats at 00:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする