2009年02月02日

子どもの成長は早い

メリー犬(笑)と初めて会ったのは、1月の15日。
そのときは、まだ子犬の幼さを残していました。
  Image356.jpg


その後、10日ほどで、耳が立ち、尻尾もくるっと巻き上がりました。
  Image376.jpg

犬たちも猫たちも一年で大人になるのですから、
ニンゲンに比べて成長が早いのは当たり前ですが、
生後半年までの間、毎日のように大きくなって、知恵も付いてきます。
(ニンゲンは生後半年くらいでは、寝返りができて、お座りが上手になる頃でしょうか? 
もう忘れましたねぇ。ニンゲンは、ゆっくり成長するのです。)

メリーは、お座りと待てとお手と止まれと進めを覚えたようです。
(自信がない...なぜなら、ワタシはお犬様の食事係だからです。
メリーは、次男の言うことは一回で聞くのに、私の言うことは知らん振りをすることがあります。
コイツは、甘いぜ!と見抜かれているようです顔(汗)


この10数年の間で、犬を飼う事に対して、かなりご近所に気を使うように
なってしまいました。
このあたりは元々住宅地です。
だから、必要以上に吠えさせないように気を使ってきました。
何かと言ってくる人はいましたが、
先日のように犬に対して何かされると言うことはありませんでした。
くりたも郵便配達の人に蹴られたことがありました。
この1、2年の間に戸外で犬を飼うことに恐れを感じるようになりました。
大型犬の姿も少なくなり、今は犬も猫もお家の中で飼うのが普通に
なってきているのですね。


私が出かけるときは、メリーを家の中に入れていきます。
こうしていかないと、飼い犬を守ることができないからです。
初日はもう心配で心配でどうしようもなかったのですが、
きちんとお留守番をしていました。
同じ部屋に猫たちも何匹がいたのですが、
けんかをした様子もなく、ホッとしました。
もっとも、猫たちは皆年上。
子犬を上から見降ろしていたのだと思います。
今のところ、トラブルもないので、このまま様子を見ていくつもりです。

問題と言えるのかどうかわかりませんが、
りりーがあまりにも犬に慣れすぎているのか、
子犬のまわりをうろうろしています。
りりーは母性が強いので、子犬のお母さんになろうとしているのかも...
鼻面や口の周りを舐めてやろうとするのですが、
子どものほうが大きすぎて、思うようにいきません。
ねえ、りりー。無理しないでよね。

ニックネーム happycats at 01:24| Comment(0) | Dogs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント