2011年04月19日

地震のときのメりーと猫たち

 前にも書いたように、3月11日に大地震が起きたとき、私は家にいませんでした。そのときのメリーと猫たちの様子は次男から聞きました。メリーは、吠えなかったし、騒ぎもしなかったようです。でも、猫たちは家の中を走り回り、階段をせわしく上り下りしていたそうです。猫のほうが犬より敏感なのでしょうか?
その後も余震があるたびに、全部ではありませんが、猫たちは天井を見上げ、耳を立てて、狭いところへ潜り込もうとします。メリーは、特に驚きもしないで、寝ていることが多いです。
 この行動の違いは、犬と猫の生態の違いからくるものなのか、それぞれの性格の違いからなのかよく分かりません。でも、その違いを知ることは、これからも余震が続くと言われているので、どのように対応すればよいか考えるのに役に立つと思っています。

110408_1249461.jpg
 はな・もこちゃんが来てから、もう4年目になりました。このごろは、一日のほとんどをコタツの上で寝ています。もう14才くらいになったはずですが、食欲もあって元気です。地震があっても全然平気なようで、さすが長老!と感心しています。飼い主さんが飯舘村の出身で、弟さんは飯舘村にいると聞いていたので今後どうされるのかが、気になっています。

 110408_124913.jpg
 端午も2才になりました。あまりにも気持ちよさそうに寝ているので、見ているだけで幸せな気持ちになりました。毎日余震の揺れに気持ちがとんがってしまいがちですが、そんな気持ちをまーるくしてくれました。地震のあと、端午も含めて猫たちが私にくっついてくることが増えました。やはり、なんとなく怖いのでしょうか?

ニックネーム happycats at 01:08| Comment(0) | cats | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント