2011年04月20日

不安の種・・・空気中の放射線量

 空気中の放射線量の値について、今朝のニュースを見てショックを受けました。「ああ、ついにここまで来たか!」と。
 先日、福島県内の教育関係の施設での放射線量の計量が行われました。その結果から、文部科学省の指針に沿って、子どもたちの屋外での活動を制限するような事態が出てきました。この指示が出る前から、福島市の教育委員会は屋外活動を自粛するように通達していたようですが、福島県の県北地区でも放射線の影響を考えなくてはいけないことになってしまいました。現在の福島市の平均値は2.00以下になっています。原発事故の直後の値の1/10くらいの値ですが、通常に比べれば高いそうです。
 若い人たちのこれからはどうなるのか、心配になります。私自身は、このままここに住んでいてもかまわないと思っていますが、子どもたちの将来は気になります。まして、乳幼児のいる方たちやこれから出産をする方たちは、どれだけ不安を感じていることか!
 
 福島第一原発の事故の収束は先が見えない状態です。毎日のニュースも安心できる情報をもたらしてはくれません。かえって、不安は大きくなっていくばかりです。私たちに正確な情報は与えられているのか? 100%Yesとは言い切れないのではないか? 待つしかないのでしょうが、長すぎますね......期限が分からないのは、辛いです。
 
 

ニックネーム happycats at 14:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント