2011年07月19日

今 NOW

 暑い日が続いています。今年はいつになく梅雨が短くて、夏になるのが早かった! メリーはこの暑さにかなわないようで、少々夏バテ気味です。黒い犬は熱吸収がよいのでしょう。猫たちは、おなかを見せて転がって、朝からだらっ~としています。
 
 今年は春がなかったような感じのまま夏がやってきたような気がする。あの地震の日から、風景を、季節を味わうこともなく過ごしてきてしまったみたい。6月中頃になってようやく日常の生活に戻らなくちゃいけないなぁ、と自分に言い聞かせて、少しだけど、以前の気持ちになってきたような気もしている。家事などそれなりに適当に終わらせて、本を読んだり、英会話に通ったりするようにしている。でもね、やっぱり元には戻っていない。戻れないのだと思う。何も意識しないで毎日の生活を送っていても、ふと不安な気持ちが現れる。原発の事故。どうしてこんなことになってしまったのか! なぜFUKUSHIMAでこんな事が起こっているのだろうか! 私たちはまだまだ受け入れられないで毎日を暮らしているのだ。もう事故の前に戻ることは決してできない。
  
 自分の中に言いたいことはたくさんたくさんあるのはわかっている。でも、言葉が出てこなくて、つながらない。

 福島は、この先どうなるのだろう?

ニックネーム happycats at 03:07| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
目に見える恐怖と見えない恐怖。
ダブルパンチですものね。
私は東京で変わらぬ日々を送っているようですが、やはり心の中はいつも重苦しい思いを持っています。
津波の恐怖はありませんが大地震や放射能の恐怖は同じです。
復興の気配が遅いのにも苛立っています。
お気に入りのブログの一つにいわきの方がいますが小さいお子さんを抱えて直後には新潟に避難、今は北海道に避難中です。
避難地区には指定されていないため何の補償もありません。
若い家庭にはかなりの負担だと思います。
補償されて当然だと思っています。

あの暑さの最中、心臓の弱い我が家のにゃんこは発作をおこしました。
暑さの為に心臓に負担がかかったそうです。
注射の為、3日間獣医さんに通院しました。
今は落ち着いていますがいつもハラハラしています。クーラーが嫌いでクーラーをつけるとないところへ逃げるので追っかけては扇風機をつけています。
長時間留守にしないように気をつけています。

くろのあちゃんの風邪に続いてメリーちゃんの暑さ負けでhappycatsさんもたいへんですね。皆元気にこの夏を乗り切って欲しいです。





Posted by ねこタイム at 2011年07月29日 15:40
happycatsさん、ご無沙汰しています。
地震、その後の原発事故、また、福島付近が震源の余震も続いて、
福島という名を耳にする度に、
happycatsは大丈夫だろうかと思ってしまいます。
日常の生活を戻してくれるのはいったい誰なの?と思うような
国のあり方にも憤りを覚えるこの頃です。
そんな中、今度は記録的豪雨。
ご自宅の付近は大丈夫ですか?
どうぞ、お気をつけください。
Posted by iharaja at 2011年07月30日 10:23
ビールねこタイムさんへ

お変わりありませんか。コメントをいただいたまま、一ヶ月になっていました。すみません。今年もまた私は夏に負けてしまったようです。このごろ、暑さもいく分和らいできたので、少しずつ動き出しています。ほぼ毎日朝はメリーに起こされて(夜は家の中に入れています。)、睡眠不足です。
今年は、ずっとやってきた仕事も止めたし、パートもパート先が地震で使えなくなったため、お休みです。十数年ぶりに主婦になりました。

今は、福島は先の見えない状況にあると思います。ここ福島市は原発からほぼ60km離れているのですが、だれもが言いようのない気持ちを持って生活していると思います。私の住んでいる地域は市内でも放射線量が高くなっています。ニュースでも何度も取り上げられているので、お聞きになっているかもしれません。この夏休みの間、子どもたちの姿はほとんど見えませんでした。先日、東京電力から補償の話が出されました。何もかもなくした人たちがたくさんいるのに、どうしてこんなに時間がかかるのでしょう。お金で解決される問題ではありませんが、お金がなければ生活が進まないのです。国も東電もそんなことすらわからないのかと、見ていて腹立たしくなります。間もなく、地震があってから半年になりますが、何も進んでいないような気がします。福島市民は大きな被害もほとんどなかったから、普段の生活を取り戻していますが、そうでない人たちがたくさんいるのですよ。何も進まないうちにまた寒い時期になってしまうのでは?

ねこタイムさんの猫ちゃんはその後いかがですか。うちのくろのあもメリーもとても元気です。猫のじゅりのお腹の調子がよくなったり悪くなったりで、まだ落ち着きません。かわいそうなくらい痩せてしまいました。大所帯になって、目が届かないところも出てきています。できる限り猫たちと一緒にいて気をつけているのですが、ちょっと気が抜けてしまうことがあるので注意しなければならないなぁ、と自分言い聞かせています。また大きな地震があったら、と思うとざわざわします。
Posted by happycats at 2011年08月31日 14:23
かわいいiharajaさんへ

大変ご無沙汰してしまいました。今日で8月も終わりです。今年はいつになく時間が過ぎるのが早いような気がします。

福島市は、良い意味でも、悪い意味でも、何も無いところだと私は思っています。3月の大地震でも、7月末の大雨でも大きな被害はありませんでした。(精神的な面では別ですよ。)私たち福島市民はほぼ普段の生活をしています。しかし、原発事故の解決に向けては、何も進展していないと思います。私が住んでいる地域は、市内でも放射線量が高いと言われています。でも、避難地域には指定されないと思います。近所の小さい子供さんのいる家族は、引っ越されていました。犬のメリーの散歩であちこち歩くと、人の気配のしない家々があります。夏休み前の小学校のグラウンドから、子どもたちの声は聞こえませんでした。私の家の周りはこんな状況です。
行政は、なかなか動いてくれませんね。うちの次男はしばらくの間、ぷーでいたのですが、地震の後、ボランティアをしていました。その後、社会福祉協議会で働くようになり、今は仮設住宅関係の担当をしているようです。仮設住宅にしても八月のお盆頃までには完備するようなことを、誰かが言っていましたが、物事は計画通りには進まないのです。この地域にいると、何も動いていないようにしか思えません。あの日から、半年になろうとしていますが、東北以外の地域では、大震災や原発事故はどんな風にとらえられているのでしょう。私は何もできませんが、福島がどうなっていくのかをしっかり見ていきたいと考えています。頑張りすぎると、すぐ体調を崩してしまうので、気負わないで行くことにしますね。
Posted by happycats at 2011年08月31日 15:35