2007年04月14日

『綿の国星』

『綿の国星』、このタイトルにニコッとしたり、なつかしいなぁと思われた方は
たぶん、同年代ですね。ふふ....

河合準雄・著の『猫だましい』(新潮文庫)を読んでいたら、
昔なつかしい『猫の国星』(大島弓子・白泉社文庫)が取り上げられていた。
この他にも、あの有名な『長靴をはいた猫』や化け猫の話や日本の昔話の
なかの猫の話などについて述べられていました。
昔々、エジプトでは猫は神様だった!

<ちび猫ちゃん>と出会ったのは、たしか、まだ学生の頃。
ああ、大昔だなぁ.....it's a long, long time ago.....
あの頃は、このお話をファンタジーとしてしかとらえられなかったけど
今になって、猫たちと暮らしているなかで読み返すと妙に切なくて、
やりきれない気持ちになってしまった。何が? どうして?
猫たちをとりまく現状の厳しさを知ってしまったから?
お話の中の世界では、病気の猫や捨てられた猫のことも取り上げられていて、
今になっても何も変わっていないことがわかったから?

『綿の国星』が描かれたのは、解説に拠ると、昭和53年。
20年前、いえ、30年前ですね、に
描かれた内容が今になっても十分に通用している。
時間をかけて、ゆっくり読んでみたい作品です。
おすすめです。 読んだことがない方は、手にとってみてくださいな。
(ティンパパさん、ご指摘ありがとうございます。
計算もできなくなっています。)

ポール・ギャリコの『猫語の教科書』(ちくま文庫)
猫が書いたという設定のお話。
ファンタジーとして、楽しめるかな?
イラストのかわりに猫の写真が添えられていて、その姿は愛らしい。

アーシェラ・K・グインの『空飛び猫』のシリーズ
これも学生の頃に読んだ作品。
グインの作品だということでも読んでみた。
もう一度読んでみようと思っています。

ニックネーム happycats at 00:23| Comment(4) | books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久しく本を読んでいなかったので、紹介していただいてありがとうございます♪色んな本を読んだり、色んな方とお話しをしないと、考え方が偏ってしまうのでいけないいけないと思いつつも、なかなか時間がなくって…。でも、時間は自分でつくるものなんですよね!
そういえば河合準雄さんって脳梗塞(だったかな?)で倒れられたと聞きましたが、現在の病状はどうなのでしょうか…。
Posted by 三日月星子 at 2007年04月14日 14:19
『綿の国星』・・・懐かしい〜ぴかぴか(新しい)
ふふっるんるん同年代ですね〜(笑)
happycatsさ〜ん!S53だったら、30年前ですよ〜顔(イヒヒ)私、お子様でしたもん(でも、しっかり生まれてるダッシュ(走り出すさま)

『綿の国星』知ってるには知ってるんですけど、あまり内容的な事は覚えてません顔(汗)
ただチビ猫ちゃんが可愛かったなぁ〜・・・って感じです。
あのエプロンとソックスがとっても印象に残ってます。

P・ギャリコの『猫語の教科書』は持ってますGood
うちの子達もホントはこんな事考えてるのかなぁ〜・・・なんて考えながら読みました。
『トマシーナ』も大好きな作品ですグッド(上向き矢印)

あとの本は未読ですね〜たらーっ(汗)
今度読んでみようと思いますかわいい
『綿の国星』もセット売りを見付けて、読み直してみますね〜わーい(嬉しい顔)

下の記事読みました。
りりーちゃんが落ち着いたと思ったら・・・今度はむくむくちゃんが標的になっちゃってるんですかぁ〜・・・顔(汗)
でも、りりーちゃんが受け入れられた様に時間が経てばむくむくちゃんも受け入れてもらえるとイイですねぴかぴか(新しい)
そうなる事を祈っています。
Posted by ティンパパ at 2007年04月14日 14:42
リボン星子さんへ

ははは、私の読書は、かなり偏っています。好きな分野しか読みません・・・
SF、ファンタジー、歴史物、昔話や伝説、あとはノンフィクションも好きです。
今は猫関係ものが多いです。以前は、犬関係でした。

河合準雄さんの著作は、専門的なもの(心理療法関係)からエッセイまで、
いろいろ読みました。昔、次男が登校渋りをしていた頃、答えが欲しくて、
心理学関係の本を読み漁っていました。その中で、心にすっと入ってきたのが、
河合準雄さんのものでした。「ゆっくりでいいんだよ。自分に合った生き方を
すればいいんだよ。」と言われたように思いました。お元気になってほしいと
願っています。
Posted by happycats at 2007年04月18日 22:26
リボンティンパパさんへ

ティンパパさん、S.53年と言ったら、30年前ですよね。ご訂正、ありがとうございますアリガト
昭和が平成に変わった時点で、計算ができなくなってしまいました。

初めて『綿の国星』を読んだとき、なぜちび猫ちゃんが人間の姿をしているのか分かりませんでした。今も分かりません。あのお話の中で、ちび猫ちゃんが望んだように本当に人間になってしまったら、『綿の国星』は、普通のファンタジーのままだったでしょうね。
今、猫マンガがとても流行っていますが、『綿の国星』がスタートであったようにも思います。『チーズ・スウィートホーム』のチーちゃんもかわいいけど、ちび猫ちゃんはもっとたくさんのことを考えていて、知りたがっていた気がします。
実際に猫たちと暮らしていて、一匹たりとも同じ猫はいないことがわかりました。猫と暮らしている人たちみんながそれぞれのお話を持っているのですね。

さて、むくむくですが、元気にしていますよ。ことらとじゅりに追いかけられても、まろんに睨まれても、唸り返して、対抗しています。りりーは、他の猫たちと一緒にいることを嫌がりましたが、むくむくは1Fの部屋で一緒にいます。ですから、りりーよりは早めに
受け入れられると思います。外で暮らしていたときもあるのに、一度家の中に入ってしまってからは、外へ行きたいような素振りも見せません。むくむくは、順応性の高い猫なのでしょうか。
むくむくより、じゅりとことらのほうがストレスをためているようにも思います。何か感じるところがあるのでしょうね。うまく分かってやれないのがくやしいです。
Posted by happycats at 2007年04月23日 22:48