2015年03月26日

もけもけ犬・2015春

めりーは、衣替えの真っ最中です。

 150312_141216.jpg

ニックネーム happycats at 04:17| Comment(0) | Dogs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

いつもメリーさんはまちぼうけ

 暑いです。6月の初めだというのにこんなに暑くていいのでしょうか。まだ本当の本当の夏ではないと思うのですが、大きな入道雲が出ていました。でも、雨は降らないままです。
 こうも暑くなると、メリーの散歩が大変です。くりたと散歩をしていたときは一日に2回行っていました。くりたは外へ出ないとおトイレをしませんでした。私も犬って散歩に行っておトイレをするものだと思っていました。くりたが具合が悪くなったとき、それでもおトイレのために外へ行こうとする姿はかわいそうなくらいでした。
メリーは、私が怠けているので、散歩は一日一回。メリーが我が家に来たときは子どもたちも大きくなっていたので、いずれ、私も外へ働きに出ようと考えていました。そこで、メリーには家の中でおトイレをするように教えました。庭にしてもOK。私が後で片付ければ済むことですから、散歩に連れて行けなくても、吠えたり騒いだりしないだろうと思いました。あの頃は、デイケアセンターへ出かける義母の送り出しと出迎えに時間を決められていたから、メリーを散歩に連れ出すのにも気を使っていました。家にいなくて電話をもらったことも何回かありました。それでも、犬と一緒にいたいというのは、飼う側のわがままですよね。犬にしてみれば、散歩もままならない暮らしはいやなのだろうな。ほんとはね、家の中のトイレを使えても、庭でおトイレをしちゃっても、散歩は難解でも行きたいのだろうなあ。ごめんね、メリー。
 日中は散歩に行けないので、夜、仕事から帰ってから行くようにしています。疲れちゃって行けないこともたびたびあります。それでも、メリーは怒りもしないで待っていてくれるので、ありがたいです。
 太りすぎの私とメリーは、歩け、歩けの散歩で身体を動かさなくちゃ!!!!!

犬もけもけ.jpg 今年2回目のもけもけ犬になっています

ニックネーム happycats at 14:43| Comment(0) | Dogs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

雪が降った

やあ、降りました、雪が。雪が降らないと、冬のような気がしません。昨年は1月の半ばの成人の日の頃に大雪でしたが、今年は2月の祝日の頃ですね。ここ2,3年は天候が昔と変わってきているので、この冬は雪が降らないのかしら、とさえ思っていました。でも、降りましたね。しかも、全国的に、大雪でした。今朝は、車の上や犬の家の屋根の上に40cmくらい積もっていました。明日、仕事に無事に出かけられるのか心配でしたが、午後になって日が射して来たのでかなり融けてきました。たぶん、大丈夫でしょう。

雪の日140208_121852.jpg 
 昨日の午前中、雪がひどくならないうちに買い物に行きました。


雪がたくさん降ったので、メリーも喜ぶだろうと思ったのですが、それほどでもありませんでした。『♪犬は喜び、庭、駆け回り....』と童謡にもあるように走り回って喜ぶかと思ったのですが、メリーは『♪猫はこたつで丸くなる。』でした。雪の日用の10mのリードを付けてやったのですが、必要なかったようです。今回の雪はメリーのおなかの辺りまで積もっていたので、わざと深いところへ行ってジャンプしていたのは可愛かったですよ。雪の中を犬と一緒にわさわさ歩いたせいか、疲れました。

 めりー140205_133441.jpg 雪の日の散歩
ニックネーム happycats at 22:34| Comment(0) | Dogs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月08日

犬の声は.....騒音?

静かな場所で犬の吠える声が聞こえてきたら、やはりうるさいですよね。

 我が家のめりーさんは、二度ほどお巡りさんの訪問を受けました。夜になると吠えるのはわかっているので、いつも家の中に入れているのですが、夏の間は外にいる時間も長かったせいか、吠え声が響いていたようです。(I'm sorry.)
  Image003.jpg 「うるさくて、すみません。」
 
 今の世の中は、警察も住民からの苦情?相談?にはすぐに対応してくれるようで、「近所の人から電話があった。」ということで訪問したそうです。どんな状況で犬を飼っているのかを調べに来たとか.....。
 時間の感覚は人によって様々です。そのときのお巡りさんに拠ると、夜の9時以降は時間的には遅い時刻だそうで、思わず「私は仕事中で家にいませんよ。」と返していました。(はぁ、そうなんだ。)

 以前、「午前2時頃に苦情の電話がありました。」と私が言ったら、犬を吠えさせるほうが悪いというような言い方をされました。これが世の中の事実ですよね。(めりーは、躾が足りないようです。犬はヒトの簡単な言葉を理解するので、めりーにはしてはいけないことを教えています。犬種によっても違うと言ってくれる人もいます。親ばかですね。)

 二回目の訪問のときは、お巡りさんも苦笑いをしながら話をしていったので、我が家の現状をわかっていただいたのかと、世間話をするくらいお巡りさんと仲良く?できました。

 何でもかんでも騒音だと言う人が増えているのでしょうか。これって今に始まったことではなくて、娘が幼稚園の頃も「運動会の音がうるさい。」とか、吹奏楽をやっていた頃は「楽器の音がうるさい。」と言われて夏でも窓を閉めて練習していたか、
いろいろありました。犬の吠え声はともかく、許されても良い音ってあると思います。

ニックネーム happycats at 14:19| Comment(0) | Dogs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

お犬のメリー、いろいろあります

 メリーも3才と8ヵ月になりました。会う人、会う人に「大きくなったね。」とか「太ったね。」と言われます。そうです、メリーはパツンパツンに中身が詰まっています。黒い、太った犬は暑い日が苦手です。まだ本格的な夏になっていないのに、ちょっと暑いかな、と感じる日には、はぁはぁして歩こうとしなくなります。散歩が嫌なのかな?
 私がアルバイトで夕方から出かけるときは、お向かいの家に「メリーが騒いだら、ちょっと見てやってください。」とお願いしていきます。私がいないときは静かにしているらしい。私が戻ってきたとは、わざと知らん振りをして、向こうの方へ駆けていきます。いじけているのでしょうか?
夏の間は、夜になってから散歩に行こうか? 向かいの家の奥さんが「この子(メリー)も我慢することを覚えないとね。」なんて、本気なのか冗談なのかわかりませんが、言っていました。たしかにメリーはお姫様だから、甘えん坊だよなぁ。

なぜ犬はかわいいのか? 私は、犬はかわいそうなくらい、申し訳ないと感じるくらい誠意を持って接してくれるからだと思っています。猫はどんなところがかわいいのか? 猫たちは、少し距離をもって甘えてくれるからだと思います。でも、我が猫たちは、直接的に甘えてくるし、やきもち焼きだし、集団で行動して、犬みたいです。

 メリーは自分を猫の仲間だと思っているのか、他の猫を見るとクンクン鳴いて近づいて行きます。もちろん逃げられます。大きな犬を見ると、尻尾を丸めて逆戻りします。自分は他の犬たちによく吠え付いているので、自分が吠えられても平気な顔をしています。メリーは、同種である犬たちより飼い主さんたちが好きです。変なヤツです。
 
 私自身も年を取ってくると、この先どのくらい犬や猫と付き合っていられるだろうか、と不安になることがあります。確実にやってくることだから、向き合わなくてはならない問題なのだけど、皆どう考えているのだろう。教えてほしいです。
 

メリー 2.jpg メリー 1.jpg
ニックネーム happycats at 13:21| Comment(1) | Dogs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

あっち向いて ホイ!

メリーを何枚か続けて撮って.....そのうちの三枚。

 110903_1738051.jpg

 110903_173810.jpg

 110903_1738011.jpg
ニックネーム happycats at 03:15| Comment(0) | Dogs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

もこもこメリー 今年の夏は.....

110811_182257.jpg
 
 我が愛犬メリーの後姿。おなかから腰にかけて、もこもこになっています。
柴犬の血を引いているのか、もこ毛の抜け方は柴犬のようです。(日本犬は皆こんな抜け方をするのでしょうか? ) 子犬のときは、黒い犬だと思っていたのに大きくなるにつれて、白色と茶色の部分が増えてきて、なんと、口の周りは白黒のまだら模様になっています。年を経るごとに黒い部分が減っていくのだろうか、と想像してしまう。
 メリーの被毛がもこもこになっているのを見て、なぜ今頃?と、ふと、思いました。もしかして、放射線の影響か?などと考えてしまいました。でも、他所のわんちゃんたちももこもこになっているので、この夏は今が抜け変わりの時期なんだと安心しました。抜け毛の頃はいくらブラッシングをしてもキリがないのですが、おもしろくてやめられなくなります。でも、メリーはブラッシングが嫌いなようで、いやになると甘噛みで「やめろ。」と言ってきます。かわいいものですわーい(嬉しい顔)
おとといまで猛暑日が続いていました。メリーは、黒い毛が多いためなのか、暑さには弱いみたいです。もっとも、犬と猫とでは、犬のほうが暑さには弱いらしいです。何かで読みましたが、犬は28℃くらいまで、猫は32℃くらいまではなんとか大丈夫とか? そうなのかな? 
 
夏になると、くりた犬(笑)のことを思い出します。くりたは、自分の体が入るくらいの大きな穴を掘って、その中にスポッとはいっていました。顔だけ出していたので、離れたところからは顔だけ見えていました。『ぎょっ!』と思った人もいたようです。メリーは、穴掘りはあまりしません。暑いときは、犬小屋のわきをちょこっと掘って伸びきって寝ています。犬小屋は、屋根つきのケージに入れてあります。屋根があるためか、日陰になって思ったより涼しいようです。

 
いつもの夏であれば、暑い、暑いだけで過ごしていたのに.....。
メリーも猫たちもいつもと同じに暮らしているけど、動物たちにも放射線の影響はあるだろうなぁ、と不安があります。どの飼い主さんたちも同じだろうと思うけど、人間や食べ物の心配は話題になっても、犬や猫への影響について話をしている人には、私は会っていないです。ただ一人近所の市会議員さんが「わんちゃんたちは外を散歩しているのだから、放射線の影響は受けていますよね。誰もが人間への影響を心配することに気持ちがいっぱいになっているから、そこまで考える余裕がないのでしょうね。」と話しかけてくれました。

 いつもと違う時を過ごすのは、心が不安定になります.......

ニックネーム happycats at 03:22| Comment(0) | Dogs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

お犬様

101205_172415.jpg

メリーです。
近所から、鳴き声がうるさいと何度も言われて、夜は家の中です。
ついつい甘やかしてしまい、おデブさんにしてしまいました。
ごめん、メリー! 一緒にダイエットしようね!
ニックネーム happycats at 04:15| Comment(2) | Dogs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

元気ですか?

100312_171628.jpg

久しぶりに自分のブログを開きました。
毎日落ち着かないことばかりで、どうしていいかわからないままに過しています。

メリーが来て、早くも1年以上過ぎました。
鳴いてばかりのワンコでしたが、
このごろはすっかりお利口さんになりましたよ。
夜は家の中に入れています。
猫たちに囲まれて、自分も猫だと思っているかもしれない・・・
なぜなら、猫のように布団の中で寝ているのです。

ニックネーム happycats at 11:07| Comment(0) | Dogs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

いたずらの種

   Image073.jpg
    棚の下に何かあったのでしょうか?

夜の間は、メリーを家の中に入れます。
もう少し大人になって、落ち着いたら外でよいと思うのですが、
吠える声が近所の迷惑になると考えています。
それに、見ていないときに何かあったら、という心配もあります。
(親ばかと笑ってください。)

子犬離れができない飼い主です。

ニックネーム happycats at 13:24| Comment(0) | Dogs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メリー 抜糸に行く

いやがってあばれるのかと覚悟していたら、
取り越し苦労でした。
立ったまま、おなかを獣医さんへむけて、
ぱちん ばちん ばちんと、すぐ終わりました。

病院へもスタスタと入って行って、あちこちクンクンして、
先生や奥さんにも愛嬌犬(笑)を振りまいて帰ってきました。


                 よかった!わーい(嬉しい顔)

ニックネーム happycats at 12:44| Comment(0) | Dogs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

メリー おとな犬になる

5月7日 メリーは避妊手術を受けました。
一晩、病院にお泊りしてきました。
帰ってきた日は、だるいのか、おとなしくしていましたが、
翌日の土曜日には、『メリー! 復活!』といつものメリーに戻りました。

ついこの間、うちに来たと思っていたのに、
もうおとな犬になっちゃったんだね。
3月の初めに、犬歯が抜け替わったので、
メリーは今だいたい8ヶ月くらいです。
 


うちに来た頃は、耳も折れていて、しっぽもひものようでした。

Image362.jpg
まだ折れ耳です。

Image377.jpg
うちに来て、10日ほどで耳が立ちました。

メリー5.jpg 猫を追いかけて、ケージの上にあがり、
降りられなくなりました。 “HELP ME!”


Image016.jpg 椅子に寝そべる。

Image014.jpg テーブルにあごをあげる。


私は、メリーがかわいくて、かわいくて、仕方ありません。
甘やかすのは、犬のためによくないのは、わかっています。
それでも、ついつい甘くなってしまいます。
一度メリーに対して、本気で腹が立って、突き放したことがあります。
そのあと、いくら読んでも私に近づいてきませんでした。
大きな声を出されて、驚いたのでしょう。
 
私が甘やかしたせいで、メリーは気分がハイになると、
噛み付いてきます。
この癖は、なんとしても直さなければなりません。
甘えて噛むのでしょうが、このままではいけません。
時間がかかるでしょうが、メリーのためにしつけなければ!


メリーの体重は、現在10.5kgです。
くりたの約半分なので、散歩は楽です。
いざというときは、抱き上げることができます。

メリーは、お手とおかわりとお座りと伏せを覚えました。
軍手や木の枝をポーン!と投げてやると、
拾って持ってきます。
散歩のとき、リードを引っ張らずに歩きます。
好奇心がいっぱいで、どこまでも進もうとします。
「止まれ。」や「待て。」や「進め。」ができます。

お友だちわんこもできました。
でも、くりたのお友だちだったちびちゃんやちゃこちゃんには、
「うるさいわね!」とおこられました。


犬同士の関係は笑って済ますことが出来ますが、
ご近所との関わりには気を使います。
「よく吠える犬だね。」とか「いつまでも吠えている。」などと言われます。
なので、夜は家の中に入れています。
以前に書いたように、外に出しておいて、
何かあったら、という不安もまだあります。

「犬の仕事は吠えることだから、気にならないよ。」と言ってもらえるときは、
本当に感謝です。
でも、そのことに甘えるわけにはいきません。
犬と付き合っていく上で、私自身に厳しくあることが必要だと思います。


それでも、やっぱり、なにがあっても、わんこもにゃんこもかわいいですよね。
猫たち同様、メリーのこともよろしくお願いします。

ニックネーム happycats at 02:59| Comment(0) | Dogs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

メリーは甘えん坊

猫たちがいっぱいいる家へやって来たせいか、
メリーはどの猫も自分と遊んでくれると思っているようです。
でも、世の中はそんなに甘くはありません。
相手をしてくれるのは、りりーだけ。
起きているときは、一方的な追いかけっこのくり返し。
でも、夜になると一緒に寝ていることもあります。

  Image382.jpg


 りりーは、母性がとても強いのだと思います。
 しぇっどやぶっちぃたち3兄弟のこともよく面倒を見てくれてました。
 子猫でも、子犬でも、必要とされるならお母さんになってくれるのですね。
 メリーにとって、最初に目が合ったのがりりーでした。
 何かピン!と感じたのでしょうか。

   Image399.jpg

 ただ、メリーはまだ犬と猫のパワーの違いをわかっていないので、
 ついつい力を入れすぎて、りりーに嫌がられています。
 メリーは、ただただ遊びたいだけなのですが,,,,
 うまくいきません。
 

ニックネーム happycats at 23:19| Comment(0) | Dogs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

子どもの成長は早い

メリー犬(笑)と初めて会ったのは、1月の15日。
そのときは、まだ子犬の幼さを残していました。
  Image356.jpg


その後、10日ほどで、耳が立ち、尻尾もくるっと巻き上がりました。
  Image376.jpg

犬たちも猫たちも一年で大人になるのですから、
ニンゲンに比べて成長が早いのは当たり前ですが、
生後半年までの間、毎日のように大きくなって、知恵も付いてきます。
(ニンゲンは生後半年くらいでは、寝返りができて、お座りが上手になる頃でしょうか? 
もう忘れましたねぇ。ニンゲンは、ゆっくり成長するのです。)

メリーは、お座りと待てとお手と止まれと進めを覚えたようです。
(自信がない...なぜなら、ワタシはお犬様の食事係だからです。
メリーは、次男の言うことは一回で聞くのに、私の言うことは知らん振りをすることがあります。
コイツは、甘いぜ!と見抜かれているようです顔(汗)


この10数年の間で、犬を飼う事に対して、かなりご近所に気を使うように
なってしまいました。
このあたりは元々住宅地です。
だから、必要以上に吠えさせないように気を使ってきました。
何かと言ってくる人はいましたが、
先日のように犬に対して何かされると言うことはありませんでした。
くりたも郵便配達の人に蹴られたことがありました。
この1、2年の間に戸外で犬を飼うことに恐れを感じるようになりました。
大型犬の姿も少なくなり、今は犬も猫もお家の中で飼うのが普通に
なってきているのですね。


私が出かけるときは、メリーを家の中に入れていきます。
こうしていかないと、飼い犬を守ることができないからです。
初日はもう心配で心配でどうしようもなかったのですが、
きちんとお留守番をしていました。
同じ部屋に猫たちも何匹がいたのですが、
けんかをした様子もなく、ホッとしました。
もっとも、猫たちは皆年上。
子犬を上から見降ろしていたのだと思います。
今のところ、トラブルもないので、このまま様子を見ていくつもりです。

問題と言えるのかどうかわかりませんが、
りりーがあまりにも犬に慣れすぎているのか、
子犬のまわりをうろうろしています。
りりーは母性が強いので、子犬のお母さんになろうとしているのかも...
鼻面や口の周りを舐めてやろうとするのですが、
子どものほうが大きすぎて、思うようにいきません。
ねえ、りりー。無理しないでよね。

ニックネーム happycats at 01:24| Comment(0) | Dogs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

仔犬の名前

わんこの名前は、メリーです。
私が実家で飼っていた犬の名前をもらいました。
『くり』の名前を継いでもらおうかな、とも考えたのですが、
この子にはこの子らしい名前を付けるほうが良いと思いました。

初めて会ったときから、人懐こくて、元気が良い子です。
“merry”という言葉がぴったりくると思いました。
本当は、Maryなのかな?
あの有名な『メリーさんのひつじ』のメリーはMaryなんだけど、
日本語としては、メアリーよりもメリーのほうがピンときますよね。
訳のわからないことを言っていますが、
皆様、『メリー』をよろしくお願いします。

  Image366.jpg
    寝ています眠い(睡眠)眠い(睡眠)

ニックネーム happycats at 19:14| Comment(2) | Dogs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

はじめまして

はじめまして! 陽気な(merry)かわいいメリーです。
happycatsのお家の三代目の犬としてやってきました。
皆さま、何卒よろしくお願いします揺れるハート

 Image357.jpg

ニックネーム happycats at 11:42| Comment(0) | Dogs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

反省したこと・・・わんこのトライアル

くりたがいなくなって、まるまる二週間が過ぎました。
不思議なことに気持ちは落ち着いています。
くりたがいなくて、何も手につかないなんてこともないし、
出かけるときもいつものように、くりたに留守番を頼んで、
帰ってくれば、「ただ今!」を言ってます。
くりたがそばにいるから、さびしくはありません。

でも、まだ、お散歩の時間になると、気持ちがさわさわしてくるんですよねぇ。
これには、まだ、慣れません。

実は、先の3連休にトライアルとして、
3歳くらいの大人のわんこを預からせてもらいました。
結果は、お返しすることになりました。
とっても人に懐れたわんちゃんだったのですが、
知らない所に連れてこられて寂しかったのでしょう、
随分鳴いていました。
昼間は静かにしていても、夜になると泣き出す。
これのくり返しでした。
夜は、家に入れて、一緒の部屋で寝ていました。
でも、帰りたかったんですよね。
保護主さんの顔を見たとたん、表情が変わりましたもの!
もう、「帰る!」「帰る!」という感じで車に乗り込んでいきました。

くりたのあとは、大人の犬さんをお世話したいと考えていました。
でも、私の考え方が甘かったようです。
犬にもそれぞれ個性があり、人の側にも条件があり、
(例えば、我が家のように猫がいる、など)
それらがぴったりするにはかなりの努力が必要だと思いました。

わんこをお返ししようと思ったのには、
もうひとつの理由があります。
日曜日(1/12)にわんこがいないくなったのです。
犬の力や知恵ではほどけないようにつないで出かけたのに、
買い物から帰ってきたときは、姿が見えませんでした。
信じられませんでした!
考えたくないけど、誰かがいたずらしたのではないかと思います。
くさりとリードでつないでいたのですが、
リードには切り傷がありました。
くりたのことを可愛がってくれた人はたくさんいましたが、
怖がったり、嫌がったりする人もいました。
こんなことは初めてです。
このあたりは、お年寄りが多い地区です。
飼い犬に何かをする人がいるとは考えたこともありません。
事実は、わんこしか知らないのですけど、ね。

わんこは、無事に警察署に保護されていました。
我が家から、川に沿って三つほど上流の橋のあたりにいたのを
親切な方が保護してくださったそうです。
そして、地区の交番が不在のため、警察署まで連れて行ってくれたのです。
「お礼なんていりませんよ。」とおっしゃってくれたと、警察署の人画教えてくれました。

私のわがままで、わんこには寂しい思いや怖い思いをさせてしまったのだなぁ、と思うと、
今回は返すほうが良いと答えを出しました。
くりたがいなくなってから、何かあせっていたところもあったようです。
くりたの代わりになるものをさがしていたのかもしれません。
結果的には、犬は生きている、それぞれ気持ちを持っている、という大切なことを
考えずに行動したと言えます。

わんこ、ごめんね。 もっともっといい所を探してもらうんだよ。

ニックネーム happycats at 14:19| Comment(0) | Dogs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

おかえり! くりた

1月7日にくりたは家に戻りました。
年末年始がはさまってしまい、帰ってくるのが遅くなりました。
くりたの体は無くなってしまいましたが、
くりたの魂は私のすぐそばにいるような感じがします。
だから、悲しい気持ちも寂しい気持ちも消えたようです。
ただ、朝夕の散歩の時間になると、「散歩に行かなくちゃ!」と思ってしまいます。

くりたは、茶の間にいます。
折りたたみの机の上にちょこんと乗っています。
机の上には、お菓子が一杯。
くりたはお菓子が好きだったのです。
お友だちわんこのちびちゃんのお母さんがお花やお菓子を持ってきてくれました
くりたは、本当にしあわせものです。

実は、お花は生花にしたかったのですが、
猫たちのことを考えると、生花は絶対に無理です。
造花をたくさん買ってきて、飾りました。
案の定、お花は食われていました.....
(お花を飾ろうと思って,花瓶も用意しましたが、見張りが必要です。)

しんみりするのは嫌いなので、猫たちが机の上にあがっても、造花をかじっても、
気にしないことにしました。
猫たちがあんまりうるさいと、
くりたが天国で『わん!』と吠えるかもしれません。

Image333.jpg








ニックネーム happycats at 00:55| Comment(2) | Dogs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

くりたくんへ 『ありがとう』

みなさん、ありがとうごさいます。
くりたも、みなさんにお礼を言っていると思います。


くりたは、まだ戻ってきていません。
火葬は、市の施設にお願いしたので、もう少し待たないと戻れないのです。
でも、魂はもう天国へ上っていて、昔の仲間たちと再会しているはずです。
私がかかわった犬たちや猫たち、みんなくりたを歓迎してくれていると思います。
だから、くりたは天国で全然寂しくないのです。
だって、大好きな仲間たちとまた会えたのですから.....

でもね.....
私は、寂しい。
その寂しさは、日に日に増してきます。
悲しいのではなくて、寂しいのです。
朝、目が覚めると、「くりたと散歩だ!」と思います。
いつも私の脇で寝ていたくりた。
手をのばしても、もういません。
夕方、仕事が終わっても、なんとなく家に帰りたくないと感じます。

くりたは幸せだったのだろうか。
秋頃から、急に年を取ったような感じで、
気管支を悪くしてしまって.....
結局それが命を縮めてしまったのだと思います。

12月26日に雪がたくさん降りました。
久しぶりの大雪にくりたもびっくりしていて、
散歩を嫌がるのかと見ていたら、
雪の中を跳ねるように軽い足取りで歩いていました。
雪が大好きだったよね。
若い頃は、私を引っ張って走り回り、何度転ばされたことか!
この日の雪が最後の雪になっちゃったね。
本当は雪の中を散歩に連れて行ってはいけなかったのです。
でも、ほんの短い時間だったけど、くりたはうれしそうに走っていました。
私は、これでよかったと思っています。
病院を嫌がり、十分な治療を受けさせてやれなかったけど、
入院も点滴もしなかったけど、
これでよかったと思っています。

くりたが亡くなった日、私はパートの仕事を休みました。
なんとなくずっとそばにいてやりたいと感じたからです。

本当は、もっともっと一緒にいたかった!
でも、くりたはくりたを創ってくれた神様のところに帰っていったんだよね。
そこでも、また私を待っていてね。
寂しくないよね、仲間がいっぱいいるから。
でも、私は、さ・び・し・い・よ。


わたしがまた犬を飼ったら、くりたは怒るかな?
くりたがいなくなって初めて、くりたの存在の意味がわかりました。
我が家の12+1の猫たちには、とっても悪いのだけど、
世の中に犬好きの人、猫好きの人がいる理由がやっとわかりました。

大切な存在である犬たちや猫たちと別れた時、
「もう二度と動物は飼わない。」と思う人たちがいるかと思いますが、
私は機会があれば何度でも新しい仲間たちに会いたいと思います。
今、私の頭の中には、捨てられた成犬を家族として探してみようという考えがあります。
旅行もお出かけもしなくてもいい。
私は動物たちといっしょにいることを選びたい!

くりたは、怒るかな?


動物たちは、その死によって私たちにたくさんの大切なことを教えてくれます。
『死』は確かに悲しいことだけど、ある意味では『出発』だと思います。

くりたが亡くなったことを、お向かいの奥さんに知らせたとき、
彼女はくりたのためにたくさん泣いてくれました。
(くりたはお向かいさんが大好きで、散歩の帰りに寄るのが日課でした。)
でも、私は涙が出なかった!
頭の中にも、心の中にも、な〜んにもなかった。
悲しみさえ感じなかった。
それがだんだん寂しさとして、私の心の中に広がってきています。


繰り返しになるだけなので、もうやめましょう。
『時間』が答えを持ってきてくれるはずです。

ニックネーム happycats at 01:14| Comment(3) | Dogs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

くりたくん、天国へ

今夜七時、くりたが天国へ旅立ちました。
これまで、くりたを可愛がっていただいてありがとうございました。

くりたは、苦しむことなく旅立ちました。
最後まで、親孝行な子でした。

ニックネーム happycats at 22:23| Comment(5) | Dogs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする