2006年09月24日

レンちゃんのこと

 taka2930さんが、保護された子猫のレンちゃん。残念ながら、天国へ行ってしまいましたが、レンちゃんのことをどうしてもたくさんの人に伝えたくて、8月下旬に投書として新聞社(朝日新聞)に送りました。9/20の地方版に“動物を育てて、命の大切さを知る”と言うタイトルで取り上げてもらえました。内容的には、私が載せてほしかった事とは違うのですが、『いのちを大切にしよう』ということは伝える事ができたかもしれません。
 新聞に載せる内容としては、多くの人に受け入れてもらえるような内容である事が必要だそうです。私たちはレンちゃんのことを知っているけど、ほとんどの人たちは知らない。それでは、新聞を読む人たちにはアピールできないそうです。何かを書いて、自分以外の人にわかってもらうのは、とてもむずかしいことなのですね。
 新聞に載った記事を書いておきます。(著作権の侵害にはなりませんよね。) 2006.9.20. 『朝日新聞・読者から』より

.....『現在、我が家では猫を7匹飼っています。4年前に子どもが猫を拾ってきてから、我が家では猫を育てるようになりました。以来、猫の出産や引取り手探しなど、いろいろな出来事がありました。飼っている2匹の猫がこうつうに事故で遭って死んでしまったこともあります。.....「小さい命も大切に」というキャッチフレーズなどをよく見聞きしますが、私の三男は、その言葉に対して、「命に大きいも小さいもない。死んだものは生き返らない。なぜ、みんなそれが分からないんだ」とよく言います。その言葉に、親である私も教えられるものがありました。.....現在は動物ばかりでなく、人間の命そのものが軽く見られているような気がします。動物を育てていくことによって、命の大切さを考えていきたいと思っています。』

 以上なのですが、改めて読んでみると、これは私の言葉ではなくなっているように思います。担当者の考え方もあるので、仕方のない事でしょうけど...
 今度また何かを書く時は、言葉の使い方・選び方などもっと気を付けて、なるべく推敲が入らないようにしたいものです。(私は別に猫たちを育てているわけでなく、一緒にいることを楽しんでいるだけなのです。私は、里親さんという言葉を使ったのですが、ふさわしくなかったようですね。思うことはたくさんあります。)

 別の記事として、私が書き送ったものも書き置きたいと思ってます。よろしければ、お付き合いください。



























ニックネーム happycats at 22:31| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

このごろ思うこと

気がつくと、もう9月。
東北・北海道以外では、2学期のスタートでしょうか。
夏休み中は、どういうわけか一日が過ぎるのがとても遅く感じました。
もっとも、暑い、暑いとクーラーを入れて、
ほぼ1日高校野球を見る、という怠けも者の夏休みでした。

このあたりは、8/25から二学期です。
そのとたん、今度は一日があっという間に終わってしまいます。
不思議なものです。

8/27は、吹奏楽コンクールの東北大会で山形市に行って来ました。
県北地区からの出場は、めったにないらしくて、出場する本人たちよりまわりのほうが
妙に盛り上がっていました。
東北地方では、秋田県と福島県が上手という事でしたが、
福島に限っては浜通り地域の学校がいつも素晴らしい演奏を聞かせてくれます。
娘は、来年こそは!と息巻いていますが....
10月に東京で開かれる全国大会を見に行きたいとか、なんとか。
普門館会館って、東京のどこにあるのかも知りません。

ちょっと前の地方紙の投書コーナーに『のら猫にえさをやるな。』という内容の投書が
載っていました。たぶん、どこまで行っても平行線の議論になるのだろうと思います。
もっと根本的なところから考えないと、のらさんたちの数は減らないのでしょうね。
犬猫が嫌いな人たちにも認めてもらえるような方法って何かあるのでしょうか。
のらさんたちの数を増やさないようにするにはどうすればいいのでしょうか。
わからないことばかりなのですが、ひとつ言いたい事は、のらさんたちの数が増え続けるのは、
無責任な人間の行動も要因となっているのでは、という事です。

私自身は、目の前で犬や猫が鳴いていたら、連れてきてしまうと思う。
感情が先にたって、行動してしまうから。
感情50・知性50で行動はできないなあ。

もひとつ、気になるのは人間の心がギスギスしてきているように思える事です。
親が我が子を虐待したり、殺してしまったり、子が親を手にかけてしまったり
何かがおかしくなっている、としか言いようがないと思います。
何をそんなに急いでいるのか、
何がほしいのか、
何をしたいのか、
みんなで立ち止まって考えてみませんか?

甲子園で活躍した早稲田実業の斎藤投手。
野球と関係ないところで話題になってしまって気の毒だなぁと思います。
その反面、
マスコミの話題って、こんなふうにして作られていくのだなぁ、と
こわいものも感じます。

ひねくれ者の雑感です。

ニックネーム happycats at 15:58| Comment(7) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

人間vs動物・part 2

union-jackさん♪ 星子さんへ♪
前回の『人間vs動物』へコメントをありがとうございました。
先月の23日、福島市で日本動物愛護協会の理事兼事務局長さんの講演会がありました。
内容は、多岐多様で、どれも考えさせられるようなことばかりでした。私は、知らないことばかり
多くて、この講演会へ出かけたことで、人間たちと動物たちの関係や係わり合い方について、
新たな気持ちで考えてみようと思いました。
 
いつものことなのですが、私は文章を短くすっきりと書けないので、くどくどと長くなって
しまいます。どうしても、自分の考えを強調しようとします。これではいけない! 
言いたいことを的確に書けたらなぁ、そして、どちらかに傾くのではなくて、中立の立場で
いたいと思います。

前回、お猿さんのことを書きましたが、今度は同じ地域で熊の姿が見られたそうです。
このあたりにいるのは、ツキノワグマだと思います。山に食べ物がないのでしょうか。
それとも、今が真っ盛りの桃を食べにきたのでしょうか。“じゃまものは消す”みたいな
方法を取らずに、人間が賢い方法を考えてくれることを願います。

話はあちこち飛びますが、先の講演会の話に戻ります。
一口に動物愛護と言っても、さまざまな考え方があり、たくさんの人たちがさまざまな活動を
しているがわかりました。それぞれの主義主張があると思いますが、私としては、ある一定の
ものに拘らず、できるだけたくさんの考え方を知りたいと考えています。その第一歩として、
近くの地域(東北地方)で活動している方たちのことを知りたいと思いました。
(で,『ねこのきもち』netに書き込んだのですが、イマイチのようです。)まあ、急がずにゆっくりと。
宮城県にNPOで活動している団体があるようなので、イベントがあるときはでかけてみようと
思います。県内でも、いわき市の団体の活動がありますが、時間的には仙台のほうが近いので
行き易いということもあります。正直言ってお金も自由になる時間もあまりないので、
まずは近くからと考えています。

お猿さん対策の話・・・神奈川県の例 (講演会で聞いた話です。)
 1.増えすぎた猿たちのボス猿を捕まえて、群れから離す。猿の群れを小さい集まりにする。
 2.山に広葉樹を植える。時間はかかるが、自然の中で動物たちの食べ物を供給するようにする。
 3.観光のための餌付けを絶対にしない。
すみません。はっきりと覚えていないのですが、このような内容だったと思います。
結果として、よい方向へ動いているらしいですよ。ここでも、原因は人間の勝手だったようですが、
より良い対策を考えるのも同じ人間です。人間と動物がうまく付き合っていくために、人間は
賢くあることが大切だと思います。

ニックネーム happycats at 13:59| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

人間vs動物

人間と猿と犬の話です。 
今日の地方紙に『増えすぎた猿を犬を使って追い払う話』が載っていました。

がく〜(落胆した顔)えっ、ホントの話だったのね!
ちょっと前に別のところで聞いていたのですが、まさか、本当のこととは!
しかも、ラブラドールレトリーバー。
「犬の役割が違うんでないがい?」

そりゃ、犬は人間の命令を聞くから、
人間がやれ!と命令したら、誠実に行動するでしょう。
訓練を受けた犬なら、確実に実行するでしょう。

でも、何か違うと思いませんか。
動物を使って,別の動物を追い払う。
農作物を守らなくちゃならないのはわかるけど、
もっと別の方法があるような気がします。
長野県だったと思いますが、やはり、猿の害から農作物を守るために
畑の周りを網で囲んで、そこに弱い電流を流すようにしているそうです。
触ると、ビリビリするから、猿はびっくりして近付かなくなるそうです。

そもそも、自然のバランスを壊しているのは人間じゃないのか?
(これは、私の自論。そうじゃないと考える方もたくさんいます。
 それなら、山の中で自給自足の生活をしろ!と言われたら、
 できません。と答えるしかありません。)
過度の干渉は、良くないと思う。
山の動物たちに勝手に餌付けして、数が増えたら、今度は困り者扱いするのは
本末転倒ではありませんか?
今年のように天候が不順だったり、山に隠れる場所がなくなったら、
山の動物たちは人間の住む所まで姿を現すようになる。
現在は、山(動物たちの棲家)と里(人間の居住地)の間の
クッションになるべき土地がなくなっているそうです。山を降りたら、人間の家。
このあたりでも、郊外のほうからは、くまが出たとか、カモシカを見たとか
聞こえてきます。本当なら、山にいて、人前には姿を現さない動物たちのはず。

な〜んか、人間も動物も暮らしにくい世の中ですよねぇ。

先の犬と猿の話、専門家の話を聞いてみたいと思います。

  ***************************

ブログって、こういう話題は、No good?

ニックネーム happycats at 11:12| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

おばさんの愚痴

今日は、朝からとても暑い晴れ
くりた犬(笑)の散歩もいつもより短い時間で引き上げてきた。
くりた本犬が、「きょうは、もう帰ろう!」と言っていた。
  「だって、年寄りの身には暑いんだよ...犬(泣)
それでも、午後からはまた天気が崩れるらしい曇り雨

2週間くらい前に腰を痛めて、ようやく普通に動けるようになってきた。
毎日の家事が、ぜんぜん追いつかない。困ったちっ(怒った顔)
「早く片付けなきゃ!」と気持ちばかりがあせるがく〜(落胆した顔)から、
余計に片付かない。
食欲もないから、食事も作りたくない。
  食べないのに、体重が減らないのは、どうして?
  身に付くものを食べているからでしょうるんるん ねぇ。
家族の生活時間が皆バラバラだから、家事がいつまでも片付かないのは
ある程度、仕方のないことなのだろうなぁ、顔(泣)
自分に言っている。
  家族の皆様、せめて自分のことは自分でやってよね。
  おちゃわんくらい、下げてよね。
  洗濯物は、自分でしまってね。
  うー、私は悪い主婦だから、家事は最低限ですませたいのよ。         
           下
  《余談です》昔、英語で「主婦」のことを“a housewife”と習った。
  それなら、“a househusband”という言葉はないのかとも、本気で考えた。
  今は、性差別のある言葉を使わないようになっているから、「主婦」は
  “a housekeeper”って言っている。でも、この言葉も、私は使いたくない!
  
愚痴を言い始めると止まらないのが、おばさんです。 
   
れおん猫(笑)とはな・ふるーる猫(笑)の誕生日プレゼントにメッセージをいただいて、
本当にありがとうございます。アリガト 心から感謝しています。それなのに、お返事もせずに、
おまけに愚痴っているなんて、大変申し訳ありません顔(汗)。もう少し待ってやってください。
PCパソコンの前にいる時間を減らして、時間の使い方をもっと考えなければいけないexclamationと、
自分に厳しく在らねば。でも、...どんっ(衝撃)

こうして、いろいろ書き込んでいると、私の周りには我が家の猫たち猫(笑)が全員集合してくる。
いすの上猫(笑)、箱の中猫(笑)猫(笑)猫(笑)、カーテンの陰猫(笑)猫(笑)、それぞれ好きな場所で寝そべっている眠い(睡眠)
揺れるハートしあわせだと思う。
私が好きなことをやっていると、私の気持ちも穏やかるんるんになっているから、
猫たちもそれを感じて、のんびりしているのだろうなぁ。
いつでも、こんな状態でいられれば、『問題なし』だよね。

happycatsは、わがままなおばさんですが、
これからもよろしくお願いしますかわいい
           






  

ニックネーム happycats at 11:01| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

健康管理

今日もまた雨降り雨
おととい(6/7)は、早朝からすごい嵐雨雷でびっくりした! あちこちで落雷があったようだ。
全国版のニュースTVにも取り上げられていたくらいだから、かなりひどい天候だったのだろう。

この日の午後から、また調子が良くないバッド(下向き矢印)
今度は、腰が痛い。?がつかめない。
思い当たることは、夜、どうようもなく眠くなって、畳の上で寝て眠い(睡眠)しまうためか?
仕事のあと、寝込んでしまった。
目が覚めたのは、夜の7時過ぎ。あわてて、起きて(と、言っても腰が痛くてなかなか起きられない。)くりたを散歩に連れて行かなきゃ! 次男にメールして、「夜ご飯、買ってきて!」と頼んだ。
三男がおかずを一品、作ってくれた。ありがたいアリガト
欲を言えば、くりたの散歩もお願いしたいたらーっ(汗)

昨日は、朝、起き上がれなかったふらふら
首筋に触ると、コチコチに凝っている。
体中がバラバラになりそう。
娘の『職業体験活動』の説明会は、欠席。
(ああ、仕事を休みにしておいて、助かった!)
昼間も、気がつくと、寝ている眠い(睡眠)状態の繰り返し。
ああ、自分がいやになるもうやだ〜(悲しい顔)
それでも、なんとか夕食は作ったexclamation
次男からは、「大丈夫?」とメールがきた。
はい、大丈夫ですよ。。。。半分くらいは、ね。

今日もまた少し痛みは残っている顔(え〜ん)
腰の痛みが一箇所に集中してきて、かなり楽になってきた。
体の凝りをほごすように、マッサージをしてみよう。

毎日の家事仕事は決まっているのだから、平均的にすればいいのに
ついつい溜め込んでしまう。
その結果、ある一日にオーバーワーク。
今の我が家は、生活時間時計がばらばらだ。
もっと話し合わなければならないのだろうか。
本音を言えば、学生である三男と娘に家事を手伝ってほしいのだが、
上手く伝わらない。
三男は、たまに手伝ってくれるけど、娘は、。。。。まだ、だめだ。
夫は、。。。。No comment!

これじゃ、“Unhappy Family”だわ。
本当にunhappyにならないように、
これからはもっともっと健康管理に気を付けよう!


まだまだ先は長い。
ニックネーム happycats at 10:33| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

言葉の使い方

今日の新聞(地方紙)に、『動物に対して里親という言葉を使うのはまちがっている、云々』と
いう内容の投書が載っていました。以前にもどこかで同じようなことを見たか、聞いたかし
たことがあります。厳密に言えば、そうなのでしょう。『里親ではなくて飼い主という言葉を
使うべきだ、云々』うーん、でも私は『くりたの飼い主』と人から言われたくないなあ。
言葉の使い方は間違っていても『くりたくんのおかあさん』なんて言われたほうがうれしいなぁ。

犬や猫と暮らしている人たちの多くは、人も動物も同じpositionにいると思っているから、
人にも動物にも同じ言葉を使うのだと思います。それをおかしいと感じる人とそうは
思わない人がいます。言葉は感覚的な部分があるし、年代でも受け取り方が違うだろうし、
どちらが良いとか悪いとか問題ではありません。

私も犬や猫たちに対して『里親』という言葉を使います。『大切に育ててくれる人』という意味です。
『えさ』という言葉は使いたくないです。『ごはんをやる』かな?
『散歩に連れて行ってやって。』『ごはんをやって。』
『〜してあげて。』は、動物たちには使わないかぁ。
私は動物たちにも人と話すように話しかけているので、傍から見れば“変な人”でしょうね。

言葉っておもしろいですよね。
我が子たちには、人から笑われないように、言葉を使いこなしてほしいと願っています。
わかった上で崩すのはかまわないけど、基本は大切にしてほしいです。


























































































































































































































ニックネーム happycats at 22:21| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

二日酔い?

あー、頭が痛い! 花粉のせい? 二日酔いかもしれない?

きのう、娘の中学校の吹奏楽部演劇の演奏会イベントがありました。るんるんるんるんるんるん
前日とは、打って変わっての朝から雨雨の天気でしたが、たくさんの人に来ていただきました。
同じ中学校の合唱部や小学校の吹奏楽部・合唱部も参加しての演奏会で、ハラハラドキドキ
しながら聞いて耳いましたが,なかなかの出来でしたClap。レベル的には高くないのですが、
子どもたちが一生懸命に、そして、楽しんでわーい(嬉しい顔)音楽をやっているのを見るのはよいものです。
今年の吹奏楽コンクールの課題曲(なぜか現代音楽)の発表、時代劇メドレー、J-pop,
従来の吹奏楽曲(詳しくわかりません。)など、バラエティに富んだ内容でした。パフォーマンスの
面も考えていたようで、『Micky』では、おしりフリフリあり、スカートを脱ぎ捨てるシーンあり、
ドキッむかっ(怒り)としました。ははははは! この場面では、思わずステージに向かって走った男の子が
いたとか、いなかったとか.....exclamation&question (*走ったのが、おじさんでなくて、よかった顔(汗) えっ?)
また、『Micky』のためにおうち家でおしりの振り方を練習したり、スカートの落とし方を全員で
合わせるために練習したり、涙ぐましいあせあせ(飛び散る汗)努力があったようです。

夜は、保護者と先生の打ち上げの飲み会ビール
小学校と中学校の担当の先生がいらしてましたが、お二人ともどんどん飲まれて、おいおい、
そんなに急ピッチで大丈夫ですか?というくらいでした。
  
 バー飲み会ビールは好きです。 お酒を飲むのも好きですが、ここでもまた人間ウォッチング目
 できるから....。


で、今回は二次会まで参加して、12時までには帰って来ました。
残った人たちは、何時に帰ったのだろう?

ニックネーム happycats at 15:56| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

ラストシーズン

VFSH0058.JPG
  くりたの朝の散歩の時に撮りました。うちの近くの堤防の桜です。
  桜の木は何本かありますが、この木が一番大きくて、華やかです。
  でも、花の盛りは過ぎて、少しずつ散り始めています。
  今日はまた曇り空で、肌寒い日です。
  これで、今年のお花見のシーズンも終了ですね。


今朝は、7時前から娘に付き合って、福島駅まで出かけました。
学校の行事で仙台でのフィールドワークに行くのです。バス
中学生の学校行事というと、班行動がほとんどですが、疑問に思うことばかり。
なぜ、出発のときから班でまとまって行動しないのよ。
同じ地区から出かけるのに、駅に集合なのよ。しかも、バス(高速バス)は
駅の東口からでるらしいのに、なぜわざわざ西口に集合するの? 
下調べはきちんとしたのかい?目耳 
その前に、娘は駅がどこにあるかわかんない?と言う。
えっちっ(怒った顔)、ここに何年住んでいるのよ。箱入りに育てた覚えはありません。
それなのに、なぜ???
でも、考えてみればどこへ行くにも車車(セダン)で行くことがほとんどなので
仕方ないことなのかも。

福島から仙台まで高速バスで、約一時間。今頃はもう着いていると思います。
危ないことがないように、楽しんできてください。Good
お土産はいらないから、自分がほしいものを買っていいよ。わーい(嬉しい顔)

教訓:『かわいい子には、旅をさせよ!』

ニックネーム happycats at 10:08| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

偶然? でも、不思議な縁を感じます。

05-07-22_14-06.jpg
          
         ことらの子どもたち(生後約7週間)

<初めにお詫びを。> お名前をださせていただく皆様、事後承諾でごめんなさい。
コメントの中でお名前を使わせていただきます。

4月15日。
4月の中のたった一日なのだけど、みなさんそれぞれに大きな一日exclamation×2なのですね。

NEWiharajaさんが保護した白ねこの霄ちゃんが4匹の子猫のママになりました。安産だったようで、
ホッとしています。霄ちゃんファミリーの様子を見せてもらって、ななきが出産した時を
思い出しました。ななきは、私たちがそばにいても全然いやがらなかったし、それどころか、
その場を離れようとすると、出産途中だというのに追いかけてくるほどでした。
仔猫たちの成長はあっという間の出来事です。ママのおっぱいを求めて鳴いていたかと思うと、
目が開くようになると、あちこち自分たちで動き回り、3週間くらいになると、キャットフードも
食べ始めるようになります。動きもますます活発になり、きょうだい同士でふざけまわり、
ママに飛び掛っていっておこられたり、かわいい時期です。1ヶ月を過ぎれば、トイレも覚えるし、
一人前の顔をして歩き回ります。
この先3ヶ月くらいまでは、猫の一生でもっともかわいいときだと思います。親ときょうだいが
一緒にいれば、猫社会のルールを身につける時期です。この頃になると情が移ってしまってハートたち(複数ハート)
なかなか里親さんにお願いできなくなる頃でもあります。

バースデーtaka2930さんの白ちゃん、雪ちゃん、姫ちゃん お誕生日ですね。おめでとうございますClap  
バースデーまろっちさんのミルクちゃん  お誕生日おめでとうごさいます。Good
偶然なのでしょうけど、同じ日ということで、不思議なものを感じます。
考えすぎかな顔(笑)

そして、私にとってこの日は、すふれの3才の誕生日バースデーでした。
今年は、天国でたくさんの仲間たちに祝ってもらったことと思います。Clap
ときどき、すーちゃんが戻ってきているように感じることがあります。
どこかで、だれかのおうちにまた生まれてきているかもしれないなぁ.....。

ニックネーム happycats at 08:34| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

のんびりムード

VFSH0006.JPG
 世間では、厄介者になっているらしいアライグマ。
 私は、ラスカルが大好きです。
 猫たちが増える前に買い集めた犬たち。
 手前の粘土細工は、次男の小学校の時の作品。

 『恐竜のたまご』 振るとカラコロと音がします。


やったexclamation 高校生の三男も学校ビルが始まったexclamation
わあ、日中ひとりでいるのは、4年ぶり。
子どもたちには悪いけど、やっぱりのんびりできるぴかぴか(新しい)
何ともいえないくらい、しあわせるんるん

ニックネーム happycats at 15:35| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

my 春休み

昨日は、とても暖かかった晴れのに今日はまた雨降り雨です。毎日毎日ころころと
変わるお天気にもうついていけません。

今週は、わーい、私の春休みだるんるんと喜んでいましたが、すでに週の半ばとなっています。
そして、今週の私はおかあさん&主婦家してます。
家事は、きらいです。いつまで立っても、いくらやっても、キリがないから.....。
収納庫の中を片付けて、台所の壁を磨いて、換気扇のフィルターを取り替えて,と計画を
立てていましたが、結局やらないで終わりそうです。
でも,仕事がお休みなのは、プレッシャーがなくて、気楽わーい(嬉しい顔)です。
子どもとは言え、人間相手の仕事は、いつもどこかで、緊張しています。ちっ(怒った顔) 
たまには息抜きしないとね。
今回は、2回も飲み会ビールに行けたから、うれしかった黒ハート
二日酔いもなくて、いいお酒バーが飲めました。グッド(上向き矢印)

次男が就職して、毎日お弁当を持っていくので、頑張って早起きしています。
娘もお弁当もちで、毎日部活動に行ってます。
次男が出かけて、娘が出かけるまでの間は、私と娘のおしゃべりタイムに
なっています。昨日、クラス替えの発表があって、仲良しの子と同じクラスに
なれなかったとぼやいていました。もうやだ〜(悲しい顔) なかなか思い通りにはいかないものです。
ひとつのクラスに同じ部活動の子たちが集中したのも、かなりおもしろくないようです。ちっ(怒った顔) 
学校の先生方もそういう点はもうちょっと考えてくれてもいいのに、
と母親としては思いますが、何事も人生経験、うまくやりこなせexclamation×2

かわいい このところ、なんとなく忙しくて、毎日はブログをチェックしていません。Bad 
皆様からのコメントにもすぐ返事を書かないでいて、大変申し訳ありません。
ありがとうございますアリガト&ごめんなさい。たらーっ(汗) きちんと読ませていただいてます。アリガト 
こんな私ですが、また、来てみてくださいね。グッド(上向き矢印)

なぜか、猫たち猫(笑)猫(笑)猫(笑)猫(笑)は大運動会をくり広げています。
私が、のんびりしていると猫たちもうれしいのかな?


ニックネーム happycats at 10:56| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月31日

3月31日

今日は、3月31日。2005年度最後の日です。
日本では、4月に始まり、3月に終わる、というのが慣例に
なっているせいかなのか、なぜか、身が引き締まるような思いがします。

長男と次男は、すでに働き始めているし、娘は毎日お弁当を持って
部活動演劇に行っています。春休みをしているのは、三男だけかも....。
私は、家で仕事をしているので、自分で勝手に春休み桜を設定しました。
来週は、私の春休みです。わーい(嬉しい顔)
でも、4月は、土・日は競馬場のパートイベントに行くので、結果的には
あまり休めないかもしれません。
(競馬場のパートでは、man watchingができて、おもしろいという面も
あります。まあ、お金の使い方ひとつにしても、主婦の立場から見ると
???ばかりです。)

今夜は、娘が小学校の吹奏楽部でお世話になった先生の送別会バービールがあります。
明日は、英語スクールの新しい先生の歓迎会バービールがあります。
息抜きを兼ねて、両方出席にする予定です。わーい(嬉しい顔)
でも、パートがあるから、あまり飲み過ぎないように気をつけなくては!
行ってきま〜す。るんるん

ニックネーム happycats at 10:23| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

左ひざの関節炎



左ひざを痛めてしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)
歩くのもやっとやっとで、病院に行きました。
原因は、膝の軟骨が磨り減って、骨と骨の間の隙間が減っていくためだそうです。
年齢的に誰にもありうることだそうです。
やっぱりね。顔(チラッ) 妙に納得できる私。
確かに、先月の半ばころから、長男の引越しの件で、いつになく たくさん
歩きました。普段は自転車や車を利用することがほとんどなので、
私の足も膝も急に働かされてびっくりしたのでしょう。
 
来週からは、次男も働き出すので、朝夕のくりた犬(笑)の散歩も、以前のように
私の仕事に戻ります。くりたと一緒にたくさん歩きましょう。ダイエットにもなるかな?

今日は、もう痛くありません。でも、気をつけて生活しないと...ね。

ニックネーム happycats at 21:50| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

風邪をひいてしまった!

日曜日2/19の夜から寒気を感じて、昨日2/20は完全に風邪状態でした。
頭痛と熱。くりたの散歩犬(笑)は次男にお願いして、家事も手伝ってもらった手(パー)
一日3回、風邪薬くすりと胃腸薬とビタミン剤をのんで、今日2/21はなんとか復活しました。
やあ、次男がいて、ホント、助かりました。Clap
くりたも猫たちもいつもより、おとなしかったようです。
ニックネーム happycats at 10:09| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月16日

親の想い

今日は朝から雨雨です。でも、ちょっと雪雪も混ざっています。

長男の引越しも住むところは決まりました家
しばらくの間、私も仙台車(RV)と横浜新幹線と自宅の間を行ったり来たりになりそうです。
自分の学生時代以来、引越しはかなり久しぶりです。

次男も、会社訪問目をさせていただきました。
これから、試験になると思います。

なにかと忙しいけど、こういう時こそが花ぴかぴか(新しい)なのかもしれません。子どものために
親が出て歩くのも就職の準備が最後なのでしょう。甘い親ですね。
でも、あとは、自分たちでやっておくれ!

2年後には、三男と長女の入試イベントが控えています。
やりたいことが決まっているこのお二人さん、どうなることやら?

アリガトみなさん、my blogにコメントをありがとうございます。
お返事を書いていませんが、読ませていただいています。
遅くなっても、返事はさせていただくきます。exclamation×2
何をやっても、段取りが悪い私。すみません顔(汗)
ニックネーム happycats at 09:01| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

忙しい

だんだん暖かくなってきました。
そして、移動の時期。
我が家でも、長男と次男の卒業・就職が重なってしまって、気持ち的に疲れた〜〜。ふらふら
20才と19才の男の子なんだから、自分でやってくれ!と思いながらも
あれこれ口出しして、嫌がられています。

早く本当の春がこないかなぁ!Good

ニックネーム happycats at 23:07| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

反省・ここまでを振り返って

ブログを始めて、夢中になってここまで
やってきました。
私の拙い書き込みにたくさんのコメントをいただいて、
本当に感謝しています。そのコメントにすぐ返事を書けない事もあり、
大変申し訳ありません。『ペット』以外の書き込みまでしていてNGかな、とも
思うのですが、自分が今思っていることや体験したことを自分の言葉で
発言できる場を持てることは、とても有意義なことです。

一つ批判のコメントをいただきました。失礼だとは思いましたが、
削除させていただきました。たぶん私の言葉遣いが悪かったのだと思います。
でも、無記名で人の言葉や意見を批判するのは卑怯なことです。どこが、
どのように、悪いのかをはっきり教えてもらえれば、初心者の私にとって
これからの指針になると思います。
これからもまたよろしくお願いします。

ニックネーム happycats at 01:53| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

2月2日「いのち」の続き

「いのち」に対してコメントをいただいたみなさま、返事を書かないままでいてごめんなさい。この件に関しては私自身のテーマ、ちょっと大げさかな、でもあるのです。たぶん、とりとめののない話になるかと思いますが、思うことを書いていくことにします。

次男がなかなか集団生活になじめず子育てに悩んでいたときから、犬たち、猫たちはわたしの心の癒しでした。夫にしても、同居の義母にしても子どもが学校に行けないということは、理由がわからないことでした。子育てに関して意見のくい違いは、たぶんどこの家庭にもあることです。でも、学校へ行けないということは、彼らにとっては理解できないことで、かなりの言い争いがありました。行くのが当たり前、行けないのがおかしい、というのが当時の世間一般の見方でした。一番切ないのは本人だったと思います。私も何とか行ってほしい、そればかりでした。だれに話しても理解してもらえない。当事者でない限り、決してわからないこと。前にも書いたと思いますが、捨て犬だった「くり」がいたことでなんとかやってこれました。次男は、動物には心を開いていました。私も、散歩に連れて行きながら、「くり」にいろいろ話し掛けていたことを思い出します。「くり」が年老いて、病気でなくなったときも何かを次男に教えてくれたはずです。その後「くりた」が来て、「ななき」が来てわたしが子育てに苦しかったとき、くりた、ななきは私の心を慰めてくれました。
次男が小5のとき、「おれは学校が嫌いだ!」と宣言したことで、わたしの心は憑き物が落ちました。『あるようにあれば、それでいいじゃない』それが私が手にした答えです。

そして、今度は、それまでまわりからもらったものをみんなに返すことにしました。私に出来ることは、取るに足らないことですが、子育てに悩む人がいればただ話を聞き、自分が体験したことを話すことだけです。人一人を育てることは、すごくプレッシャーがかかります。すごい責任を伴う仕事です。ほかの人たちに伝えることは、『待つことの重要性』だけです。私自身この先も待っていなければならないことがたくさんあります。答えはすぐには得られません。どのくらいかかるのか見当もつかないことを待ち続けるために、私には黙って話を聞いてくれる存在が必要です。

助けを求める命をほっておけないのは、人間としてごく当然のことなのに、私は何もできないままです。わたしが小さい頃は、犬も猫もその辺を自由に歩くいて、だれもなんとも思いませんでした。今は、人間が生活の中心にいることで、犬も猫も人間に都合に合わせられているのかもしれない。猫たちが自由に通りを歩いていた時代には、もう戻れないなら、私たちは何ができるのか、どうしなくてはならないのか、全体的に考えなくてはならない時期になっていると思います。



ニックネーム happycats at 03:08| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

いのち

お名前を使わせていただく方へ
事後承諾?勝手に? 失礼をお許しくださいね。

taka2930さんが保護したいずみちゃん、もうすぐお母さんか!?と楽しみでしたが、
違ったようです。新しい命の誕生は、喜ばしいことです。でも、よく考えてみると、
生まれてくる仔猫たちは本当に幸せになれるのか、100%YESと言えないのが、
とても悲しいです。なんか無責任に楽しみにしていた私。
takaさん、ごめんなさいね。里親さんを探すことが、特にMIXの場合はとても大変な
ことはわかっているつもりでも、仔猫たちのあのかわいらしさ、あどけなさを思うと
ワクワクしていました。

前にmipopoさんがブリーダーさん訪問リポートを書いてくれました。
私が知らないことがたくさんあって、日本という国のペット事情の貧しさを
教えられたような気がしています。
犬たち,猫たちは『いのち』をもって生きているのです。彼ら/彼女らを物としか
見ていない人間がいることが悔しくて、悲しいです。 

私は、くりたとななきとまろんとじゅりとことらとれおんとはな・ふるーるとりぶの
おかあさんでもあります。
この子たちに真っ直ぐな瞳で見つめられると、何でもしてあげたいと思ってしまいます。
おなかを痛めて産んだ我が子たちはどう? 
(私はわりと簡単に産んでしまった! なにせ戌年だもの!)

いつも気にかかること。学校に行けない、行こうとしても行けない子どもたちが
あいかわらず多いこと。 『ゆとり』とか言いながらも、どこかで子どもたちを 
追い詰めているような気がしています。
『自分で考えること・行動することの大切さ』を何とか伝えたいけど、むずかしい。
私自身にも、ゆとりがないんだね。

朝起きると、私のまわりに猫たちがいて、寝そべっていたり、走り回っていたり.....。
『いのち』の暖かさを感じています。


















ニックネーム happycats at 01:38| Comment(5) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする