2015年03月04日

再びご無沙汰していました ~その後の子猫たち

美音の子猫のうちの2匹があたらしいお家に貰われて行って、幸せに暮らしています。新しい名前を付けてもらって、家族にみなさんに可愛がってもらってます。慣れるまでいろいろ大変だった事もあったようですが、もう生まれた家のことは忘れちゃったよね。

昨年の春は子猫がごちゃごちやとしていて、可愛いなぁと思いつつ、どうしようという思いのほうが大きかったと思うし、たくさんの猫たちの面倒を見続けることができるのか、という気持ちは大きくなってきています。
子猫たちののうち、2匹は小さくて育たなかった。猫のおかあさんはおっぱいにしがみ付いてくる子猫は面倒をみるけど、そうでない子猫のことはあまりみてくれない。もう1匹は自分で食べられるくらいまで成長してくれたけど、腹膜炎になって、天国へ帰って行った。

昨年の秋からは、大人になりつつある子猫たちの避妊手術をしてもらっている。男の子6匹のうち、5匹の手術が終了。女の子たちは5匹のうちの1匹の手術が終ったばかり。しばらくの間は毎月1匹づつ手術をお願いしていく予定でいます。へ

ニックネーム happycats at 08:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月06日

美音の子猫たち 新しいお家へ

 美音が子猫たちを産んで、早や二ヶ月が過ぎました。「子猫が出てこない!」とあわてて獣医さんへ走ったのがついこの前のようです。
 私自身が人間不信の気持ちがあって、ここ何年かはラジオなどを通しての『飼い主さん募集』はやっていませんでした。どんなヒトから連絡があるかが怖くて出来ませんでした。しかし、今回は子猫の数が多すぎるということで、正直恐る恐る募集をお
願いしました。その結果、近くにお住まいの素敵なご家族にお会いできました。
 4匹のうちの2匹が新しいお家へ行くことになりました。そこには、16歳の先輩猫さんもいるということで、猫としてのルールも教えてもらえそうです。かわいがってもらって大きくなるんだよ揺れるハート

   グレーちゃんお昼寝.jpg
ニックネーム happycats at 14:57| Comment(0) | cats | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

いつもメリーさんはまちぼうけ

 暑いです。6月の初めだというのにこんなに暑くていいのでしょうか。まだ本当の本当の夏ではないと思うのですが、大きな入道雲が出ていました。でも、雨は降らないままです。
 こうも暑くなると、メリーの散歩が大変です。くりたと散歩をしていたときは一日に2回行っていました。くりたは外へ出ないとおトイレをしませんでした。私も犬って散歩に行っておトイレをするものだと思っていました。くりたが具合が悪くなったとき、それでもおトイレのために外へ行こうとする姿はかわいそうなくらいでした。
メリーは、私が怠けているので、散歩は一日一回。メリーが我が家に来たときは子どもたちも大きくなっていたので、いずれ、私も外へ働きに出ようと考えていました。そこで、メリーには家の中でおトイレをするように教えました。庭にしてもOK。私が後で片付ければ済むことですから、散歩に連れて行けなくても、吠えたり騒いだりしないだろうと思いました。あの頃は、デイケアセンターへ出かける義母の送り出しと出迎えに時間を決められていたから、メリーを散歩に連れ出すのにも気を使っていました。家にいなくて電話をもらったことも何回かありました。それでも、犬と一緒にいたいというのは、飼う側のわがままですよね。犬にしてみれば、散歩もままならない暮らしはいやなのだろうな。ほんとはね、家の中のトイレを使えても、庭でおトイレをしちゃっても、散歩は難解でも行きたいのだろうなあ。ごめんね、メリー。
 日中は散歩に行けないので、夜、仕事から帰ってから行くようにしています。疲れちゃって行けないこともたびたびあります。それでも、メリーは怒りもしないで待っていてくれるので、ありがたいです。
 太りすぎの私とメリーは、歩け、歩けの散歩で身体を動かさなくちゃ!!!!!

犬もけもけ.jpg 今年2回目のもけもけ犬になっています

ニックネーム happycats at 14:43| Comment(0) | Dogs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月13日

おかあさん猫たちと子猫たち

 3月25日に美音が帝王切開で子猫を産みました。そのときは美音がうまく子育てをできるのか、子猫たちは無事に育つのか不安でしたが、心配は要らなかったようです。どの子も元気に大きくなっています。4週間目くらいからご飯を食べられるようになり、いつの間にかトイレもできていて、毎日跳んだり、はねたり、走ったりしています。家のものとよその人がわかるようで、初対面の人からは逃げていきます。(飼い主さん探しをお願いした友人が様子を見に来てくれたとき、なんと、シャーシャーと威嚇していました。)

 冬の寒いときに家出をした三毛猫のみけ・みーなが子猫を産んで、子連れで戻ってきました。4月24日でした。いつもは私の顔を見ると逃げていたのに、この日は何か言いたそうな顔をしていました。そして、どこかから子猫の声が。みけ・みーなは物置の箱で子どもを産んでいました。逃げられるかな、と思いながら、箱ごと保護。実は、大きな声を出していたのは、箱の中の子猫たちではなくて、箱からはみ出したのか、隅っこのほうに落っこちていた子猫が必死で鳴いていたのです。この日の明け方か、午前中に子猫たちは生まれたのだと思います。
 犬や猫はヒトの言葉を理解していると思いますか。ヒトの思いは動物たちに伝わると思いますか。みけ・みーなのおなかが大きくなっているのに気がついてからずっと「子どもが生まれたら知らせてね。」と伝えていました。みけ・みーなは私の言葉を聞いていたのでしょうか。昨年の夏に死んでしまったくろぴーも子猫をつれておいでね、と言い続けていたら、子猫たちを連れてきました。その後は良い結果はもたらされませんでしたが、くろぴーは私の言葉を聞いていてくれたのだと思います。

 美音が子猫を産んだ日も、みけ・みーなが帰ってきた日も私は家にいました。偶然かもしれませんが、なにか、不思議なものも感じました。猫たちが困ったとき、助けを求めてきたとき、私は家にいてよかった!
                                続きます。
          
ニックネーム happycats at 01:24| Comment(0) | cats | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元気にならなくちゃ!

 ことしは体調が良くなくて、ぐずぐずと 毎日を過ごしていることが多い。3月も4月も疲れが取れなくて、仕事に出かけているか、家で寝ているか、みたいな生活をしていた。夕方から出かける仕事(学習塾のパート)なので、帰ってくるのが22時とか23時で、世の中の生活とはずれているなぁ、と思ってはいたけど、自分の体調が悪くて、思うように動けなくなると、考え方もマイナス芳香へ向くばかり。どうしても家事が疎かになるし、趣味に時間を取ることもできなくなってしまう。
 4月の末頃、ちょうど連休が始まる頃、熱を出してしまって、連休が終ってからもだるさが続いていました。でも、熱を出して、寝たり起きたりの生活をしていたら、やっといつもの調子が戻ってきました。4月は、仕事の場所とか内容が変わったせいなのか、変に気を使うことが多くて気疲れしてしまった。

 具合が悪くても、毎日やることは同じなので、本当にゆっくり休むということはない。特に家事はやりたくない。猫たちとメリーのことは世話をしてやらなくちゃならないから頑張れるけど、家の男ども(夫と次男)の面倒はみたくないなぁ、と思う。いい年をした人間のお世話までする必要はないでしょう。自分のことは自分でやってもらわないと。できなかったら、できるように頑張ってもらわないと。
 熱があって、どうしても起きられなかったとき、メリーの散歩はお休みにした。そして、私とめりーと猫たちと同じ部屋で寝ていた。何だかとてもとても静かな一時だったなぁ。動物たちは私が具合が悪いときはおとなしくしていてくれる。
 後何年この子たちの面倒をみられるのだろうか、を考えるようになってきた。あと20年? 元気で、健康で過ごしていたい。
ニックネーム happycats at 00:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月27日

Mine is a Mother

On March 25th.,Mine had 4 kittens,they/ are 3 greys and 1 black.
Mine had a operation, because she could not have kittens in the ordinary way. Kittens are smaller than any other kitten, I think. I really wish they will grow up healthy and cheerfully.

The vet asked me that how I treated the lives of the kittens. It meaned that I made the kittens killed or alive. At first, I didn't understand what the vet say. It is very natural for me to make the kittens ALIVE. That time I realized that there are some people who didn't want to have kittens. As you know, there are too many cats at my home. But I could not kill them. I've never thought to take away something's lives. I don't know it is good or bad that I made Mine a mother. I don't know Mine can grow up her kittens. I can take care of Mine, but I can't do
anything for the kittens now.

To owe animals as pets, we have to have duties and responsibilities. Do I have these things for my dog and cats? I probably might act emotionally mostly. But I don't want to put them to sleep, except when we can't do anything at all to save their lives. Who can stop their living rights?





ニックネーム happycats at 12:33| Comment(0) | cats | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月15日

これからのこと・ちょっとした不安

 3月になって、少しずつ暖かくなってきました。穏やかな日差しのには、めりーが日向ぼっこをしています。猫たちは、ん、家の中にいる猫って、冬も春もその行動にあまり変化がないような気がします。私は、朝起きるのが幾分早くなってきました。暖かくなってくると身体を動かすことが苦にならなくなって、片付け物を始めようと思います。
 今日は、猫のジャンプ台になっていたパソコン用のテーブルを処分しました。このテーブルはレンジ台の変わりに使っていたのですか、猫たちが食器棚の上置きへ跳ぶための踏み切り板のような役割をしていたのです。猫たちのすばらしいキック力のためにテーブルのねじが緩み、支えが壊れ、処分ということになりました。レンジはシンプルなテーブルに乗せてあります。
 
 仕事の日は、帰ってくるのが夜の11時過ぎになるので、もう何もしたくありません。猫たちにご飯をやって、おトイレの掃除をして、めりーを家の中に入れてやって、さあ一息なんてやっているうちのに、午前2時、3時という状況です。たぶん、いいえ、絶対世の中の人たちと違った時間帯で生活していると思います。疲れやすいのはやっぱり年齢のせいでしょうか。疲れすぎて思うように動けないと、猫たちをけっぽっていたり、しっぽや手足を踏んづけたりしています。ずっとずっと犬猫といて、初めて大変だと思いました。私は、この子たちを世話し切れるのか、とふと不安になりました。自分のためにも、めりーや猫たちのためにも、私はいつも元気でいなければ、と改めて思いました。これまであまりにもぐらりだらりと過ごしてきてしまったので、日々のことを考えながら、より計画的に暮らして生きたいと思っています、

ニックネーム happycats at 22:20| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月06日

忙しくて、ごめん。

 3月になりましたが、また雪が降ってきました。2月の大雪がやっと消えたと喜んでいたら、ぐっと冷え込んできて、ああ、また雪降りです。

 (2/15の大雪の時は、我が家のカーポートが潰されてしまい、私の車が出せなく  なって仕事を休んだり、雪に足を取られながら犬の散歩に行ったり、何だか疲れて しまいました。でも、今回の大雪の時、除染作業に来てくれている方たちのおかげ で、普段雪かきをしないような細道まできれいになっていました。感謝、感謝で  す。あの雪は水っぽくて、重くて、雪かきをして私は体中が痛くなってしまいまし た。まいった、まいったね。)

 何が忙しいと言われると困るのですが、時間に追われて暮らしています。学習塾でパートをしているので、夕方に出かけて夜帰ってくるという時間帯の生活です。帰ってくると犬と猫たちがわさわさと「ご飯、ご飯。」と寄ってきます。トイレの掃除もあるし、自分もおなかがすいていて、疲れているから座りたいし....いろいろ重なって、ばたばたしてしまいます。その結果は、足元にまとわりつく猫をキックしたり、猫の手や尻尾を踏んづけたり、ということになります。ごめんね、猫たち。ぎゃーと怒るものもあり、知らん振りしてくれるものもあり、申し訳ありません。犬はちょっとでも触ると、わわわわ〜んと大騒ぎです。
 いつまでも若くないんだと、改めて思い知らされます。気持ちは若いのですが、体は動かなくてがっかりしています。ちょっと前までは猫たちが大騒ぎしていても全然気にならなかったのに、このごろはうるさいなぉ、と思ってしまったり、抱っこしてくるのがわずらわしく感じたりしてます。本当に申し訳なくなってしまいます。動物たちの世話をすること、その世話を続けることをいつまでできるかを考えなければならない時期なのかな、とも思います。自分自身を振り返る時期なのでしょうか。
 
 

ニックネーム happycats at 23:48| Comment(0) | cats | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

猫とストーブ

  ストーブ140206_003146猫.jpg

台所のストーブの前は猫様の特等席です。いつもなら端午が場所を占めているのですが、この木曜日は『まりお』(向かって左側)『樹(たつき)』(右側)も一緒でした。3匹とも、餅のように伸びていました。
ニックネーム happycats at 23:05| Comment(0) | cats | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪が降った

やあ、降りました、雪が。雪が降らないと、冬のような気がしません。昨年は1月の半ばの成人の日の頃に大雪でしたが、今年は2月の祝日の頃ですね。ここ2,3年は天候が昔と変わってきているので、この冬は雪が降らないのかしら、とさえ思っていました。でも、降りましたね。しかも、全国的に、大雪でした。今朝は、車の上や犬の家の屋根の上に40cmくらい積もっていました。明日、仕事に無事に出かけられるのか心配でしたが、午後になって日が射して来たのでかなり融けてきました。たぶん、大丈夫でしょう。

雪の日140208_121852.jpg 
 昨日の午前中、雪がひどくならないうちに買い物に行きました。


雪がたくさん降ったので、メリーも喜ぶだろうと思ったのですが、それほどでもありませんでした。『♪犬は喜び、庭、駆け回り....』と童謡にもあるように走り回って喜ぶかと思ったのですが、メリーは『♪猫はこたつで丸くなる。』でした。雪の日用の10mのリードを付けてやったのですが、必要なかったようです。今回の雪はメリーのおなかの辺りまで積もっていたので、わざと深いところへ行ってジャンプしていたのは可愛かったですよ。雪の中を犬と一緒にわさわさ歩いたせいか、疲れました。

 めりー140205_133441.jpg 雪の日の散歩
ニックネーム happycats at 22:34| Comment(0) | Dogs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする