2011年08月07日

もう8月になったんだね。

今年は時間の過ぎ方がなんだか早くて、季節もめちゃくちゃなような気がしています。そんな思いを感じながらも、もう8月になりました。
 
 8月は、多くの日本人にとって、特別な月だと思います。8月6日、広島に原子爆弾が落とされて、66回目の夏。今年は、東京電力の原発の事故と結びつけて捉えられているような世の中の流れを感じます。そこから、何が生まれてくるのだろう? 私たちは、何を学び取れるのだろう? そんなことを考えています。

 私は高校野球が好きで、昨日は朝からテレビを見ていました。『がんばろう日本』の言葉が掲げられて、『被災地』という言葉が何度となく使われていました。ひねくれ者の私は、それらの言葉に何か重いものを感じています。野球に打ち込み、その夢を叶えた選手たちには、何も背負わずに、気負わずにのびのびとプレーしてほしい。彼らの中には、3月11日の大震災を経験し、被害を受けて、大切な人やものを失った人たちがいる。それでも、立ち上がって、夢を叶えた。
だから、言葉を掲げなくても、彼らは支えてくれた人たちから託されたものを
充分にわかっている。私は、そう思います。 だから、周囲が彼らに「がんばって」と言わなくてもよいのではないかな。 『がんばろう』という言葉は自分で自分に言う言葉だと思います。
 
 しばらくの間、野球観戦の日々が続きます。

ニックネーム happycats at 02:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

猫の寝姿

 110609_133356.jpg
 むくむくは、仰向けになって、ちょうど胸の上辺りで手をくっ付けて寝ています。

 110516_0948371.jpg
 暖かい日差しの中で、きららがばんざいしてます。

 110408_124913.jpg
 これは、端午としてはお行儀がいいですね。暑くなってくると『大猫の開き』が出来上がっています。

 110514_084910.jpg
 ミーナは、姉妹の中でも一番大きくて、一番甘えっ子です。おっぱいはもう出ていないと思うのですが....

不安定な毎日。猫たちの姿にどれだけホッとしたことか!
ニックネーム happycats at 01:24| Comment(0) | cats | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

じゅり おなかをこわして、病院へ。キャットフード、いろいろ。

 じゅりがひどく痩せてしまい、獣医さんで診て頂きました。ずっとおなかの調子が悪くて、食欲はあるのに体重が増えません。本当はもっと早く連れて行って、診察を受けさせなければならなかったのに...私は動物を飼う資格がないです。いつまでも、くだくだしていて、気持ちばかりが急いて、実際には動かないで、無駄な時間を過ごしているのだから。
 
 6月頃にも、じゅりがおなかをこわしたことがありました。その後、シニア用(7歳以上)のフードを食べさせていたのですが、じゅりにとってはこれがよくなかったらしいです。獣医さんのお話によると、いろいろな種類(たとえば、年齢別)のフードがあるのはメーカーの販売上の作戦である、とか。いろいろな考え方があるでしょうけど、犬でも、猫でも、1個体ごとに違うのだから、皆同じフードが合うはずがないですよね。一番無難なのは、ごく普通のフードなのかもしれません。
 我が家では、当然のことですが、キャットフードの消費量がすごい。(犬まで猫ご飯のほうが好き。本当はよくないと言われているのは知っています。)で
も、どうしてキャットフードは店頭では大袋が買えないのだろうと思います。結局は売る側としては利益が取れないからなのだろうと、勝手に結論を出しています。ネットでは直輸入フードが買えますが、お店では買えない。以前にいわゆるペットショップで聞いたのですが、フードが酸化してしまうので、大袋や直輸入フードはお勧めしないと言われました。でも、どのフードでも一ヶ月以内に消費すれば大丈夫らしいです。
 我が家の猫たちはキャットフードが主食ですので、大袋を利用するほうがいくらかでも安く済みます。犬のメリーは、雑食なので何でも食べます。(きちんと食事管理している方たちからは間違いなくお叱りを受けるような内容です。)  ペットフードと言うと、添加物のことも気になるのですが、完全に取り除くことは難しいだろうなと思うようになりました。私たち人間の食べ物に対する規制も抜け道があるのだから、ペットフードに関しては...より甘いのだろうと想像しています。
 
 原発事故以降の日本では、食品の安全性については、誰もが神経を使っています。この件では、FUKUSHIMAに住んでいる者としては、正直言って、不安があるし、また、疑問や不信感も抱えています。(別の機会に書くかもしれません。)
ニックネーム happycats at 03:26| Comment(0) | cats | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月02日

子どもたちがいない夏

 夏休みです。このあたりの小学校・中学校は7月の21日から夏休みに入りました。そして、原発事故の影響を受けて8月末までお休みになります。これまでで一番長い夏休みです。
 この休みを福島を離れて過ごす子どもたちがたくさんいるそうです。各地のサマーキャンプに参加したり、あちこちの自治体のサポートに応じて出かけたりと、できる限り福島から離れていようとしています。また、夏休みを境にして、放射線の影響が少ないところへ転出していく子どもたちもいます。
 現在の福島では、どこへ行ってもひっそりとしています。大人も子どもも、人の気配を感じません。

 今年度は、毎年年度末に行われる教職員の人事異動が一学期末に発表されました。私は今年度の移動は無いのだろうと勝手に思っていました。でも、そうではなかったようです。今頃移動して、生徒たちに影響はないのでしょうか? 私は小学校へ外国語(英語)活動のお手伝いに行っているので、5・6年生の担任は変わってほしくない、と願っていました。でも、5年生の担任がお二人ほど移動です。2学期になったら、また新しいお付き合いが始まります。

 どうして、こんなことになっているのか、叫び出したくなることがあります。なぜ、福島の私たちの生活ががらっと変わってしまったのか、どう考えても受け入れられません。だれも答えることはできないでしょう。

 昨日(7/31)の早朝、福島県沖を震源とする大きな地震があり、そして、ちょっと前(8/1)の深夜、静岡の方でも地震があったようです。共に震度5。日本のどこで地震が起こるかわからない中で、私たちは生活しています。本当に心が落ち着く暇がありません。どうして、こんな状況になっているのだろう。不確かな思いばかりが大きくなっていきます。
ニックネーム happycats at 00:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

今 NOW

 暑い日が続いています。今年はいつになく梅雨が短くて、夏になるのが早かった! メリーはこの暑さにかなわないようで、少々夏バテ気味です。黒い犬は熱吸収がよいのでしょう。猫たちは、おなかを見せて転がって、朝からだらっ~としています。
 
 今年は春がなかったような感じのまま夏がやってきたような気がする。あの地震の日から、風景を、季節を味わうこともなく過ごしてきてしまったみたい。6月中頃になってようやく日常の生活に戻らなくちゃいけないなぁ、と自分に言い聞かせて、少しだけど、以前の気持ちになってきたような気もしている。家事などそれなりに適当に終わらせて、本を読んだり、英会話に通ったりするようにしている。でもね、やっぱり元には戻っていない。戻れないのだと思う。何も意識しないで毎日の生活を送っていても、ふと不安な気持ちが現れる。原発の事故。どうしてこんなことになってしまったのか! なぜFUKUSHIMAでこんな事が起こっているのだろうか! 私たちはまだまだ受け入れられないで毎日を暮らしているのだ。もう事故の前に戻ることは決してできない。
  
 自分の中に言いたいことはたくさんたくさんあるのはわかっている。でも、言葉が出てこなくて、つながらない。

 福島は、この先どうなるのだろう?

ニックネーム happycats at 03:07| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

くろのあが風邪をひいた

 ここ2、3日は、気温が30℃以上の日が続いて、日中は暑い思いをしています。急に暑くなったような気がします。猫たちにとっては暑すぎるのか、朝からグタッと寝そべっています。そんな中で、くろのあが風邪を引いてしまいました。
 昨日あたりから、おしっこの出が悪くなっていたので、腎臓の具合が悪いのかと心配になって、今日の夕方に獣医さんに連れて行きました。結果は、何かの理由で体が冷えたせいで膀胱炎になったようです。それと舌が赤く腫れていました。(気が付かないでいて、くろのあ、ごめんね。) 注射を打ってもらって、腫れをとるための飲み薬をもらってきました。ご飯の食べ方が落ちていたのも、舌が痛かったためなのですね。
 猫の数が多すぎて、一匹一匹とゆっくり相手をしてやれません。それでも、猫たち同士はけんかをすることもなく、仲よくしてくれているので助かっています。猫は集団生活をしないと聞いていますが、必ずしもそうではないようです。

ニックネーム happycats at 02:50| Comment(0) | cats | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

My tom-cats

 猫でも男の子は甘えん坊なのでしょうか。それとも、あの大地震で怖い思いをしてから甘えん坊になったのでしょうか。
 れおん、りぶ、ノーススポット・ぶっちい、くろのあ、端午のfive tom-cats。気がつくと私のまわりに集まっています。近づいて来ては、頭突き?をしてきたり、すりすりしたりと、何か不安なものを感じているのでしょうか。
 
110420_152513.jpg
れおんは、びびり屋さんですが、本当は優しくて、穏やかな性格なのでしょう。年下の端午がいたずらを仕掛けても、
じっと我慢をして、やり過ごしています。

ニックネーム happycats at 01:56| Comment(0) | cats | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

甘えっ子

 110514_084910.jpg
 三毛猫のみーなちゃんは間もなく1才になります。もう一人前の女の子なのにご覧の通りです。おかあちゃんのぐれいちゃんは避妊手術後はすっかりおとなしんなって、ご飯の量が進み、すっかりふくよかな体つきになりました。お顔も穏やかになっています。子どもたちがお乳に吸い付いても、されるがままになっています。猫たちは、子離れ・親離れをしてしまうと、お互いを寄せ付けようとしなくなりますが、一緒に過ごしていると親子のつながりは保たれています。親は子を守ろうとするし、子は親に甘えて、頼っています。
ニックネーム happycats at 23:45| Comment(0) | cats | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

はなもこちゃんの本当の年齢

 預かり猫のはなもこちゃんが、先月の下旬頃に急にご飯を食べなくなったことがありました。原因は、右のほっぺたにおできができたためだったようです。いつも食欲があるのに、急に食べなくなったので心配だったので、飼い主さんに連絡して病院へ連れて行ってもらいました。でも、はなもこちゃんは普段から触られるのが大嫌いなので、案の定、病院でも大暴れだったそうです。今現在は、傷もほとんどよくなり、ご飯もたくさん食べています。
 今回病院へ行って、はなもこちゃんの本当の年齢がわかりました。お預かりするとき、11才と聞いていたので、現在は14才になったんだ、と思っていました。でも、なんと、はなもこちゃんは『18才』だったのです。そのことを聞いて時、思わず「えっ~、本当ですか?」と言ってしまいました。18才の猫って、もっとおとなしいと思っていたのです。
これからも元気でいて下さいね!

 110508_1048321.jpg
 はなもこちゃんは、毛玉だらけです。絶対に切らせてくれません。無理やり実行しようとすると、鋭い猫パンチが飛んできます。元気です!
ニックネーム happycats at 02:19| Comment(2) | cats | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

避難区域の動物たちのこと

 福島県の飯舘村は、今回の原発事故のために計画的避難区域となりました。(放射線の拡散予想の地図から、飯舘村は原発からは北西部に位置しており、川俣町の一部、福島市へとつながっており、それらの地域の上空を放射性物質は流れていくのだとわかります。)飯舘村の方たちは、避難の準備で大変な思いをされています。その中で、動物たちをどこに避難させるということも問題になっています。
 村では酪農も行われています。牛たちはどこへ行くのか? ペットたちはどうするか?
 飯舘村のように自然が豊かな地域では、猫たちは家と外とを自由に出入りして過ごしています。牛小屋に寝ていたり、何件も家々を巡り歩いてご飯をもらっている猫たちもいるそうです。(はなもこちゃんの飼い主さんは飯舘村の出身です。その方から聞いた話です。)そして、犬も猫も複数で飼っている家がたくさんあるそうです。ある動物ボランティアさんのブログを読んで知りましたが、それらのたくさんのペットたちを保護してほしいという要請がたくさん寄せられているそうです。いったいこれからどうなっていくのか、とても気になります。福島県でもようやく県として被災動物たちの保護に動き出して、今回の一時帰宅のときにペットたちも連れてこれるような方向で動いているようです。
 よりたくさんの動物たちの命がつながっていくことを願っています。
ニックネーム happycats at 02:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする